萩キリシタン殉教者記念公園


萩キリシタン殉教者記念公園(はぎきりしたんじゅんきょうしゃきねんこうえん)
明治3年(1871)、明治政府はキリスト教弾圧政策をとりました。浦上キリシタン3,800人を全国各地に流刑し、うち300人近くが萩に流されました。彼らを改宗させるために苛酷な拷問が課せられ、40人が亡くなり20人が岩国屋敷だったこの場所に埋葬されていました。明治24年(1891)萩カトリック教会初代司祭ビリヨン神父によって、殉教した浦上キリシタンの墓と祈念碑が建てられました。また五郎太石事件の際、キリシタン信者であったために藩によって処刑された、熊谷元直と天野元信の殉教碑も建てられています。
所在地:〒758-0057 山口県萩市堀内
交通アクセス:(1) 玉江駅から徒歩で10分(2) 中国自動車道美祢東JCTから車で20分→ 小郡萩道路絵堂ICから車で20分(JCTと直結する小郡萩道路利用で萩市へ)→ 萩市指月第一駐車場から徒歩(最寄の駐車場利用の場合)
問合せ先:萩市観光課 〒758-8555 山口県萩市江向510 TEL:0838-25-3139