平安橋


平安橋(へいあんばし)市指定文化財
萩城三の丸の三か所の総門(北・中・平安古)の一つである平安古(ひやこ)の総門前の外堀に架けられた橋です。城下町絵図には木橋として描かれていますが、城下の新堀川にかかっている石橋がいずれも明和年間(1764-1771)に構築されていることから、同時期に石造りにかけ換えられたものと思われます。橋桁6.04m、幅3.95m、堀底からの高さ2.5m、橋の材質は玄武岩で、吊り桁・定着桁を備えたゲルバー桁橋を持った無橋脚の珍しい橋です。
所在地:〒758-0074 山口県萩市平安古町
交通アクセス:(1) JR山陰本線玉江駅から徒歩で20分
問合せ先:萩市役所観光課 〒758-0041 山口県萩市大字江向510 TEL:0838-25-3139