旧萩藩校明倫館


旧萩藩校明倫館(きゅうはぎはんこうめいりんかん)国指定史跡
萩藩の藩校、明倫館は亨保4年(1719)毛利吉元が城内三の丸に創設し、嘉永2年(1849)毛利敬親が江向に移しました。桂小五郎、長井雅楽、吉田松陰、高杉晋作、井上馨などを輩出し、日本三大学府の1つと称されました。現在の明倫小学校・萩商業高校・萩裁判所の約14,349坪がその跡地です。明倫小学校の敷地内に剣槍場の有備館、遊泳術や水中騎馬の行われた水練池、聖廟の東塾・西塾を合併して移した聖賢堂があります。なお明倫館聖廟の建物は、現在北古萩町の海潮寺の本堂に移され、また南門は本願寺院の表門、観徳門は明倫小学校に現存しています。
所在地:〒758-0041 山口県萩市江向602ds
問合せ先:萩市役所観光課 〒758-0041 山口県萩市大字江向510 TEL:0838-25-3139
http://hagi-kankou.com/spot/213/