山縣有朋誕生地


山縣有朋誕生地(やまがたありともたんじょうち)
山縣有朋(1846-1922)は、幕末から明治・大正にかけて活躍した軍人・政治家です。吉田松陰の松下村塾に学び、奇兵隊総督として倒幕運動に活躍し、明治維新後の新体制の形成にも深く関与しました。第3・9代内閣総理大臣、初代参謀本部長、初代内務大臣、枢密院議長などを歴任し、近代日本の基礎をつくった日本人の一人としてその中心的役割を果たしました。誕生地には、現在「元帥公爵山縣有朋誕生地」と刻まれた石碑が建てられています。
所在地:〒758-0031 山口県萩市川島
交通アクセス:(1) 萩駅から徒歩で15分(2) 中国自動車道美祢東JCTから車で20分→ 小郡萩道路絵堂ICから車で20分(JCTと直結する小郡萩道路利用で萩市街地へ)
問合せ先:萩市観光課 〒758-8555 山口県萩市江向510 TEL:0838-25-3139 FAX:0838-26-0716