村田清風旧宅


村田清風旧宅及び墓(むらたせいふうきゅうたくおよびはか) 国指定史跡
村田清風は、天保の改革によって藩の体制を強化し、幕末から維新にかけて活躍した人物です。旧宅は、天明3年(1783)に清風が生まれた家です。清風は15歳で萩に移り住みましたが、弘化2年(1845)以後は再びこの家に戻り、安政2年(1855)に病死するまでここで過ごしました。清風の墓は旧宅の西約100mの大歳山の麓にあり、墓前に高さ2mの鳥居が立っています。
所在地:〒759-3803 山口県長門市三隅下2510-1 TEL:0837-43-2818
交通アクセス:(1) JR山陰本線長門三隅駅からバスで5分(沢江バス停下車)
問合せ先:村田清風記念館〒759-3803 山口県長門市三隅下沢江 TEL:0837-43-2818
http://www.nanavi.jp/page/detail.php?id=68