近松門左衛門 石碑


近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)
近松門左衛門は江戸時代前期の元禄期に活躍した浄瑠璃・歌舞伎台本作者です。東洋のシェイクスピアとも言われ、松尾芭蕉、井原西鶴とともに三大文豪としても讃えられています。出生地については、いまもなぞにつつまれており多数の説があります。古くから近松出生の伝承が長門市東深川江良(えら)に存在しています。「江良はよいとこ近松生んで、柿もよいとこ、えらいとこ」と語り継がれており、近松門左衛門にちなんだ石碑が市内各所に残されています。