萩城城下町


萩城城下町(はぎじょうじょうかまち)国指定史跡
1604年に毛利輝元が萩城を築いて以来、260年にわたって36万石の城下町として栄えた萩市は日本有数の史跡都市です。重厚な武家屋敷、夏みかんがのぞく土塀やなまこ壁、鍵曲など、町並みには今なお城下町の風情が色濃く残っています。