萩城址


萩城址(はぎじょうあと)国指定史跡
慶長9年(1604)に毛利輝元が築城しました。明治7年(1874)、天守閣、矢倉などの建物は全て解体され、現在は石垣と堀の一部が昔の姿をとどめています。旧本丸跡に歴代藩主を祀る志都岐山神社が創建された際、総面積約20万㎡の境内が指月公園として整備されました。園内には天守閣跡、梨羽家茶室、旧福原家書院、万歳橋、東園などの旧跡があります。