六軒茶屋


六軒茶屋(ろっけんじゃや)
萩往還最大の難所、一ノ坂にあったとされる茶屋(休憩所)が六軒茶屋です。佐々並から山口までは、六軒の農家のほかには家がなかったので、軒先を茶店にして旅人をもてなしたことから六軒茶屋と呼ばれるようになりました。