山口キッズウェブ

このリンクで通常メニュー、コンテンツをスキップし、音声用コンテンツ本文へジャンプできます。

山口県のシンボル

みなさんの学校にそれぞれ校章【マーク】があるように、山口県にもマーク【県章】があるのです。
そして花や木、鳥、獣、魚など、山口県を象徴(しょうちょう)する「シンボル」もあります。

県章・県旗

県章・県旗

昭和37年、県政施行(けんせいしこう)90周年を記念して制定されました。
「山」「口」の文字を図案的に組み合わせ、県民の団結と飛躍(ひやく)を太陽に向かってはばたく飛鳥(ひちょう)に託し、雄県(ゆうけん)山口を表現したものです。

 

県花/夏みかんの花

県花【夏みかんの花】

昭和29年、郷土(きょうど)を象徴(しょうちょう)する花としてNHKが選定しました。
夏みかんは長門市大日比(おおひび)が原産地で、5月になると白い花が咲き、香水をまいたような甘ずっぱい香りが漂(ただよ)います。
花は1か月程度咲き誇り、やがて「だいだい」と呼ばれる黄色い実を結びます。

 

県木/アカマツ

県木【アカマツ】

昭和41年、広く県民からの公募(こうぼ)によって選定されました。
県内に広く分布するアカマツは、どんなやせ地でも育ち、かんばつにも強いことから「根性の木」として評価されています。
800年前の東大寺(とうだいじ)大仏殿(だいぶつでん)の復興材(ふっこうざい)や、昭和40年の皇居新宮殿「松の間」の内装材に使われています。

 

県獣/ホンシュウジカ

県獣【ホンシュウジカ】

昭和39年、鳥獣保護(ちょうじゅうほご)の啓蒙(けいもう)の一環として、広く県民からの公募(こうぼ)によって選定されました。
現在、下関市、長門市、美祢市などに生息しています。

 

県鳥/ナベヅル

県鳥【ナベヅル】

昭和39年、県獣と同時期に公募(こうぼ)によって選定されました。
周南市八代(やしろ)は本州で唯一のナベヅル飛来地です。
特別天然記念物に指定されているここのナベヅルは、最近では、毎年10月下旬頃から10数羽程度訪れ、 翌年3月上旬にはシベリア方面に帰ります。

 

県魚/ふぐ

県魚【ふく/ふぐ】

「福」に通じることから、山口県では「ふく」と呼ばれています。
平成元年、広く県民からの公募(こうぼ)によって選定されました。歴史的にも、ふぐの漁法「延縄(はえなわ)漁法」の考案や 「食用禁止の解除」は、いずれも本県が日本初です。アメリカ輸出も山口県内で処理されたものだけが認められています。
山口県といえば、ふぐで決まりです。

 

ここからは、音声リーダー用のコンテンツです。


音声用コンテンツを読み上げます。ここからメニューです。

グローバルメニューです。6つのリンクがあります。

パンくずリストを,読み上げます。トップページからメニューをたどり、ここで現在読み上げている文書の位置を確認できます。

以下、「私たちの山口県」関連のメニューです。3つのリンクがあります。

ここから、本文です。

山口県のシンボル

みなさんの学校にそれぞれ校章、【マーク】があるように、山口県にもマーク、【県章】があるのです。
そして花や木、鳥、獣、魚など、山口県を象徴する「シンボル」もあります。

県章・けんきの画像

県章・けんき。

昭和37年、県政施行90周年を記念して制定されました。
「山」「口」の文字を図案的に組み合わせ、
県民の団結と飛躍を太陽に向かってはばたく、ひちょうに託し、
ゆうけん山口を表現したものです。

県花。夏みかんの画像

県花。(夏みかんの花)。

昭和29年、郷土を象徴する花としてNHKが選定しました。
夏みかんは、ながとし、おおひびが原産地で、5月になると白い花が咲き、香水をまいたような甘ずっぱい香りが漂います。
花は1か月程度咲き誇り、やがて「だいだい」と呼ばれる黄色い実を結びます。

県木。アカマツの画像

県木。(アカマツ)。

昭和41年、広く県民からの公募によって選定されました。
県内に広く分布するアカマツは、どんなやせ地でも育ち、かんばつにも強いことから「根性の木」として評価されています。
800年前の東大寺大仏殿の復興材や昭和40年の皇居新宮殿「松のま」の内装材に使われています。

県獣。ホンシュウジカの画像

県獣。(ホンシュウジカ)。

昭和39年、鳥獣保護のけいもうの一環として、広く県民からの公募によって選定されました。
現在、主として、しものせきし、ながとし、みねしなどに生息しています。

県鳥。ナベヅルの画像

県鳥。(ナベヅル)。

昭和39年、県獣と同時期に公募によって選定されました。
周南市やしろは、本州で唯一のナベヅル飛来地です。
特別天然記念物に指定されているここのナベヅルは、最近では、毎年10月下旬頃から10数羽程度訪れ、 翌年3月上旬にはシベリア方面に帰ります。

県魚。ふぐの画像

県魚。(ふく・ふぐ)。

「福」に通じることから、山口県では「ふく」と呼ばれています。
平成元年、広く県民からの公募によって選定されました。歴史的にも、ふぐの漁法「はえなわ漁法」の考案や「食用禁止の解除」は、いずれも本県が日本初です。アメリカ輸出も山口県内で処理されたものだけが認められています。
山口県といえば、ふぐで決まりです。

この文書をもう一度最初から読み上げます。