山口キッズウェブ

このリンクで通常メニュー、コンテンツをスキップし、音声用コンテンツ本文へジャンプできます。

山口県グラフコンクール

山口県統計グラフコンクール(主催:山口県統計協会 後援:山口県)

 統計は、グラフにするとわかり易く、また親しみのあるものになります。山口県統計協会では、統計グラフの作成を通して、統計知識の普及(ふきゅう)と統計の表現技術の向上に資(し)することを目的として、昭和28年から、山口県統計グラフコンクールを毎年開催(かいさい)しています。昨年度は、県内の小・中学生から249点の応募(おうぼ)がありました。 応募(おうぼ)作品を部門別に審査した結果、特選3点、入選13点、佳作39点並びに優秀校3校が選ばれました。特選及び優秀校には、平成23年2月4日(予定)、山口県庁職員ホールにおいて開催(かいさい)される「第58回山口県統計大会」の席上で、賞状と副賞が授与されます。また、特選及び入選作品は平成23年2月1日(火)から15日(火)まで、県庁1階エントランスホールパネル展示コーナーに展示されます。 作品の特徴(とくちょう)としては、小学校低学年の児童は、植物の観察、動物への興味、学校での話題等、子供らしい身近な課題について、絵とグラフを組み合わせた作品が多く、小学校高学年の児童・中学校の生徒は、様々な視点から社会に目を向けた作品が多くなっています。また、パソコン機能を活用したパソコン統計グラフの部については、年々応募(おうぼ)数が増えており、円グラフ、棒グラフ等の多種類のグラフを立体化するなど、工夫を凝(こ)らした作品が多くありました。 県内在住で小学生以上の方なら、どなたでも応募(おうぼ)できますので、今年も、更にたくさんの御応募(ごおうぼ)をお待ちしています!


ここからは、音声リーダー用のコンテンツです。


音声用コンテンツを読み上げます。ここからメニューです。

グローバルメニューです。6つのリンクがあります。

パンくずリストを読み上げます。トップページからメニューをたどり、ここで現在読み上げている文書の位置を確認できます。

ここから、本文です。

山口県グラフコンクール。

山口県統計グラフコンクール。(主催、山口県統計協会。後援、山口県。)

 統計は、グラフにするとわかり易く、また親しみのあるものになります。 山口県統計協会では、統計グラフの作成を通して、統計知識の普及と統計の表現技術の向上に資することを目的として、 昭和28年から、山口県統計グラフコンクールを毎年開催しています。今年度は、県内の小・中学生から99点の応募がありました。 応募作品を部門別に審査した結果、特選5点、入選20点、佳作46点並びに優秀校5校が選ばれました。 特選及び優秀校には、平成16年11月26日(金曜日)、山口県庁、職員ホールにおいて開催される「第52回山口県統計大会」の席上で、賞状と副賞が授与されます。 また、特選及び入選作品は平成16年11月19日(金曜日)から29日(月曜日)まで、県庁1階エントランスホールパネル展示コーナーに展示されます。 作品の特徴としては、小学校低学年の児童は、植物の観察、動物への興味、学校での話題等、子供らしい身近な課題について、絵とグラフを組み合わせた作品が多く、 小学校高学年の児童・中学校の生徒は、様々な視点から社会に目を向けた作品が多くなっています。 また、パソコン機能を活用したパソコン統計グラフの部については、年々応募数が増えており、円グラフ、棒グラフ等の多種類のグラフを立体化するなど、工夫を凝らした作品が多くありました。 県内在住で小学生以上のかたなら、どなたでも応募できますので、来年も、更にたくさんの御応募をお待ちしています!

この文書をもう一度最初から読み上げます。