本文へジャンプする
  • トップページ
  • 特集
  • 県政ワンショット
  • いんふぉ山口
  • 県立施設ガイド
  • 編集室
ふれあい山口2015.5月号 > 巻頭知事インタビュー 「活力みなぎる山口県」の実現に向けて

本文のエリアです。

巻頭知事インタビュー

「活力みなぎる山口県」の実現に向けて

インタビューを受ける村岡知事の写真

県では、新たな県政運営の指針である「元気創出やまぐち!未来開拓チャレンジプラン」を今年3月に策定しました。このプランに沿った新たな県づくりを本格的にスタートさせた村岡嗣政(むらおか つぐまさ)知事に「活力みなぎる山口県」の実現へ向けた意気込みについてインタビューしました。

村岡知事、よろしくお願いします。いよいよ新年度が始まりましたが、今のお気持ちはどうですか。

知事今年3月に新たな県づくりの指針である「元気創出やまぐち!未来開拓チャレンジプラン」を策定しました。今年度は、このプランに沿った県づくりを本格的にスタートさせる重要な1年になると考えています。人口減少や少子高齢化など、山口県が直面しているさまざまな課題に果敢に挑戦し、県づくりの目標である「活力みなぎる山口県」の実現に向け、未来につながる確かな成果を上げていけるよう、全力で取り組んでいく決意です。

「元気創出やまぐち!未来開拓チャレンジプラン」にかけるお気持ちを教えてください。

知事就任以来、今後の県政運営の指針として、チャレンジプランを作っていくということで取り組んでまいりました。
 この間、私自らが県内各地に出向き、県民の皆さまから地域の課題や県政への期待をお聞きし、また、県庁内で議論を積み重ねて、プランを策定しました。
 プランをこれから強力に進め、人口減少や少子高齢社会にあっても、元気な産業や活気ある地域の中で、県民誰もがはつらつと暮らしていけるよう、新たな県づくりに全力で取り組んでいきます。

「活力みなぎる山口県」の姿

新年度当初予算はどのようなお気持ちで編成されましたか。

知事新年度当初予算は、私にとって実質的に初の当初予算です。「活力みなぎる県づくりへの挑戦」を基本方針とし、チャレンジプランの具現化に向け、特に優先的・重点的に実施すべき取組に対して、最大限の予算を配分しました。中でも、少子化や若者の人口流出などによる人口減少の流れに歯止めをかけ、地域の活力を維持し、地域間競争に勝ち残っていくため、全国に誇れる、また全国に先駆けた6つの取組を「全国トップ水準への挑戦」としています。この予算を着実に実行することにより、私の目指す県づくりの実現に向けて、大きな一歩を踏み出すことができると考えています。

インタビューを受ける村岡知事の写真

「全国トップ水準への挑戦」とは。

知事一つ目は「結婚から子育て支援日本一」の実現です。3人以上の子どもを希望する県民の方は約5割なのに対し、実際は約2割にとどまっています。また未婚化・晩婚化の原因として4割弱の方が「出会うきっかけがない」とおっしゃっています。
 私は、本県における人口減少の大きな要因の一つである少子化の流れを変えていくため、新たに「やまぐち結婚応縁センター」を設置することとしました。また第3子以降の全ての子どもの保育料の負担軽減を実施し、結婚から子育てまで、希望がかなえられる社会の実現を目指していきます。

「全国トップ水準への挑戦」

  • 「結婚から子育て支援日本一」の実現
  • 「産業力強化・創業支援日本一」の実現
  • 「農林水産業担い手支援日本一」の実現
  • 「移住・定着日本一」の実現
  • 「首都圏等情報発信・売込強化日本一」の実現
  • 「地域教育力日本一」の実現
インタビューの様子
インタビューの様子

二つ目は「産業力強化・創業支援日本一」の実現です。人口減少のもう一つの要因である人口の流出を食い止めるためにも、産業振興や創業支援の取組をしっかりと進め、若者や女性に魅力ある雇用の場を創ることが必要であると考えています。

本県の特性や強みを活かし、「水素先進県」の実現や中小企業の先端産業への参入促進、ものづくり産業をけん引する人材確保などのほか、最優遇金利の創業応援資金の創設などに取り組んでいきます。

三つ目は「農林水産業担い手支援日本一」の実現です。本県では農林水産業従事者の高齢化が進み、担い手不足が深刻化している状況です。これまでの取組により新規就業者は増加していますが、短期間での離職者も多いため、日本一の給付金制度を創設するなど、新規就業者の定着支援を行っていきます。

四つ目は「移住・定着日本一」の実現です。人口減少の抑制や、地域経済の維持・活性化を図っていくため、多くの方に本県に移住をし、定着していただけるようUJIターンの促進に取り組んでいきます。

五つ目は「首都圏等情報発信・売込強化日本一」の実現です。本県には、歴史や文化、食、温泉など、さまざまな魅力がありますが、県外への情報発信力が弱く、全国的には知名度が低い状況にあるため、民間と連携し、本県の魅力を首都圏等へ効果的に情報発信し、売り込みを強化していきます。

六つ目は「地域教育力日本一」の実現です。コミュニティ・スクールを核とする学校・家庭・地域によるネットワークを形成し、社会総がかりで子どもたちの学びや育ちを見守り、支援する教育を推進していきます。

今年は多くのビッグイベントが開催されます。

知事5月に開催される「2015年ミラノ国際博覧会」の日本館イベント広場への出展や、7月の「世界スカウトジャンボリー」、10月の「ねんりんピックおいでませ!山口2015」の開催などは、国内外の多くの皆さまへ本県の魅力を情報発信できる絶好の機会です。
 これらの機会を最大限に活用し、私自らが山口県の魅力を積極的に発信し、県産品などをトップセールスしていきたいと考えています。

今年開催される主なイベントの日程

  • 「2015年ミラノ国際博覧会」日本館イベント広場への出展
    ◆期間 5月24日(日曜日)から27日(水曜日)まで
  • 世界スカウトジャンボリーの開催
    ◆期間 7月28日(火曜日)から8月8日(土曜日)まで
  • ねんりんピックおいでませ!山口2015の開催
    ◆期間 10月17日(土曜日)から20日(火曜日)まで

県民の皆さんへメッセージをお願いします。

知事県民の皆さまとともに、人口減少・少子高齢化など本県が直面するさまざまな困難に果敢にチャレンジし、「活力みなぎる山口県」を実現していきたいと考えていますので、皆さまのご協力をお願い申し上げます。

お問い合わせ先

県広報広聴課 電話083(933)2566