本文へジャンプする
  • トップページ
  • 特集
  • 県政ワンショット
  • いんふぉ山口
  • 県立施設ガイド
  • 県政だより
  • 編集室

ふれあい山口2016.9月号 >特集2 県内への定着・還流・移住に取り組んでいます

本文のエリアです。

特集2

県内への定着・
還流・移住

に取り組んでいます

全国より速いスピードで進む人口減少への対応は「活力みなぎる

県づくり」を進める上で直ちに手を打たなければならない課題です。
今回の特集2では、県の最重要課題である人口減少の克服に向けて

「社会減の流れ」を断ち切るための県の取り組みを紹介します。

山口県の現状

県の総人口は、昭和60年の約160万人から減少が続いており、現在約140万人まで落ち込んでいます。

その要因の一つは、転出が転入を上回る社会減で、平成27年は4,630人の転出超過となっています。特に進学、就職時の若い世代の県外流出が顕著です。

総人口の推移のグラフ

若者の県内定着と
還流・移住の促進が必要
年齢別差引転出数のグラフ

人口減少が地域の将来に与える影響

生活への影響

  • 店舗等の撤退による買い物が困難な住民の増加
  • 倒壊の恐れがある危険な空き家の増加 など

子育てへの影響

  • 子ども関連施設の減少による利便性の低下
  • 学校の統廃合に伴う通学負担の増加 など

社会保障への影響

  • 社会保険料の負担増
  • 医療・介護人材の不足 など

産業への影響

  • 事業規模の縮小や就業人口の減少
  • 建設業等の人材不足による安心・安全の低下 など

若者の県内定着の促進

県外への人口流出を食い止めるため、学生の地元就職率の向上に取り組む県内大学などとも連携し、若者の県内就職・定着を促進していきます。

高校生への働き掛け

  • 県内大学生とのディスカッションを通じた、県内進学への意識啓発やキャンパス訪問など、県内大学での体験をサポート(高校教育課)
  • 県内大学、専修学校などへの進学促進のためのフェアを開催(学事文書課)
  • 県内大学、専修学校などのオープンキャンパスマップや進学ガイドブックを作成・配布(学事文書課)
県内大学生とのディスカッションの写真

県内大学生とのディスカッション

オープンキャンパスの写真

オープンキャンパス

大学生への働き掛け

  • インターンシップや民間事業者が実施する企業見学ツアーに参加する学生に交通費を助成するほか、県内各大学で企業セミナーを開催(労働政策課)
  • 資格の取得や企業での実習などを行う訓練講座を開設し、就職を支援(労働政策課)
県と連携 目指せ!地元就職率向上

学生による企業見学

ひとの還流・移住の促進

本県へのUJIターンについて、新たに「YY!(ワイワイ)ターン」と名付けて、市町や関係団体と連携を深め、「やまぐち暮らし」の魅力発信と受け入れ支援を実施していきます。

やまぐち暮らしの魅力発信の強化

  • 安心、快適、豊かな「やまぐち暮らし」の魅力を強力に発信するために、「YY!ターン」ロゴマークを作成するなど、統一的なイメージによるPRを展開
  • 企業の県外支店等に、「やまぐち暮らし県外民間支援センター」を設置し、訪問者への情報提供、移住相談専用窓口への取り次ぎなどを実施

移住希望者の受け入れ態勢の充実

  • 安心して移住・定住ができるよう、移住者を支え、移住者が交流できる場として「やまぐち移住倶楽部(くらぶ)」を設立
  • 移住に関するイベントや暮らし体験に参加する移住希望者に、来県に係る交通費を助成
移住に関する情報は
山口県YY!ターン(UIJターン)支援サイト
「住んでみぃね!ぶちええ山口」
http://www.ymg-uji.jp/
「YY!ターン」ロゴマークの紹介の写真

「YY!ターン」ロゴマークの紹介

やまぐち暮らし県外民間支援センターの写真

やまぐち暮らし県外民間支援センター

お問い合わせ先

若者の県内定着の促進について
県高校教育課 電話083(933)4627
県学事文書課 電話083(933)2140
県労働政策課 電話083(933)3254
ひとの還流・移住の促進について
県中山間地域づくり推進課 電話083(933)2554