本文へジャンプする
  • トップページ
  • 特集
  • 県政ワンショット
  • いんふぉ山口
  • 県立施設ガイド
  • 県政だより
  • 編集室

ふれあい山口2016.11月号 >特集2 中山間地域でのビジネスづくりを支援しています!

本文のエリアです。

特集2

中山間地域での
ビジネスづくり
を支援しています!

県では、中山間地域の集落機能を維持・活性化し、地域の活力を創出するために
さまざまな角度からビジネスづくりを進めています。
今回の特集2では、新たな取り組みである「移住創業者への支援」と
「サテライトオフィスの誘致」について紹介します。

移住創業者への支援

中山間地域での創業予定地

県では、中山間地域で創業を希望する人材を大都市圏等から呼び込み、地域の皆さんが求めるサービス等とのマッチングや開業支援などを行うことによって、地域の活力創出を進めています。

地域と移住者のマッチング

地域に不足しているサービスや後継者を求めている店舗などの地域ニーズを集約し、移住創業希望者とのマッチングを行います。

創業に向けた支援

移住創業希望者の相談内容に応じて、県、市町、商工団体、信用金庫等で組織する「中山間移住創業支援チーム」が、事業計画の作成、資金相談などを総合的に支援しています。

インターンシップ制度

地域と移住者のミスマッチを防ぐため、移住前に生活・創業体験などを行うインターンシップ制度を設けています。

移住創業者インタビュー 小坂 保成(こさか やすなり)さん

Q1 移住創業しようと思ったきっかけは?

東日本大震災をきっかけに本気で移住を考え、3年前に長門市地域おこし協力隊員になりました。移住前からコーヒーを扱う仕事をしたいと思っていたので、協力隊退任後の創業を決意しました。

Q2 移住して良かった点は?

地元の野菜やお米に、おいしさや安心を感じています。また、息子が地域の人に見守られ、伸び伸びしているところを見ると、移住して良かったと思います。

Q3 今後の抱負は?

憩いの場づくりや観光客の周遊活性化など、地域の発展につながるよう頑張ります。移住創業支援チームのサポートがあるので心強いです。

小坂保成さんの写真
静岡県から
長門市俵山に移住。
地元でテークアウト
コーヒーのお店を
開業予定です。

サテライトオフィスの誘致

県では、中山間地域の遊休施設などを活用し、県外の企業が本拠とは別に開設する「サテライトオフィス」を誘致することで、雇用の場づくりを進めています。

進出企業のニーズに応えるサポート体制

「山口県サテライトオフィスサポートセンター」を設置し、オフィスの開設支援から社員の住居探しまで、一貫したサポート体制により、各市町と連携しながら進出企業を支援します。

サテライトオフィス誘致のロゴマーク

先進的な補助制度

施設改修費や通信回線使用料など、オフィス開設前後の準備費用を対象とした補助金制度を整備しています。来県にかかる旅費も準備費用に含めて補助対象にしているのは先進的な取り組みです。

株式会社ビジコム 周防大島サテライトオフィス開所式

詳しくは県サテライトオフィスサポートセンターまで 電話083(933)2553

サテライトオフィス誘致第1号 進出企業インタビュー
株式会社ビジコム(本社・東京都) 代表取締役 中馬 浩(ちゅうまん ひろし)さん(岩国市出身)

Q1 進出したきっかけは?

地元に貢献したいと考えていたところ、県から周防大島町の廃校を活用しないかと話がありました。光回線による通信環境や物流基盤が整っていたことなどが決め手となり進出しました。

Q2 進出して良かった点は?

人材確保ができるか危惧していましたが、優秀な社員を地元で10人(平成28年9月末現在)採用でき、28年7月に全面オープンしました。また、満員電車に揺られることなく、素晴らしい景色を見ながらの通勤や、静かでゆったりとした環境での勤務など、恵まれた立地だと感じています。 

Q3 今後の抱負は?

今後は、地元に根差した企業として、業務を拡大しながら地域に貢献していきたいと考えています。

中馬浩さんの写真
商品の販売情報管理を行う
POSシステムを開発・販売。
周防大島サテライトオフィス
は通販業務を扱います。

お問い合わせ先

県中山間地域づくり推進課 電話083(933)2554