本文へジャンプする
  • トップページ
  • 特集
  • 県政ワンショット
  • いんふぉ山口
  • 県立施設ガイド
  • 県政だより
  • 編集室

ふれあい山口2017.1月号 >特集2 県産農林水産物の需要拡大に取り組んでいます

本文のエリアです。

特集2

県産農林水産物
の需要拡大
に取り組んでいます

味や品質に優れ、全国に誇れる「やまぐちブランド」をはじめ、県内には魅力ある農林水産物がたくさんあります。
今回の特集2では、元気な農林水産業を育成するため、
県産農林水産物の需要拡大を目指す県の取り組みを紹介します。

農産物、水産物、畜産物、林産物のイラスト

「やまぐちブランド」って何?

県内で生産される農林水産物や、主な原材料が県産100パーセントの加工品を対象に、味や品質を重視した独自の基準を設けて厳選した登録商品です。

県では、生産者団体、消費者団体、流通関係者や市町などと共に、全県統一の「やまぐちブランド」を育成しています。

下関漁港あんこう

どんなものがあるの?

水揚げ日本一の「下関漁港あんこう」や県産オリジナル地鶏「長州黒かしわ」、県産原木栽培の「やまぐち特選乾椎茸(ほししいたけ)」など、現在79品目が登録されています。

「やまぐちブランド」の詳しい情報はこちら
http://www.buchiuma-y.net

長州黒かしわ

地産・地消の取り組みを強化

県内で生産された農林水産物を県内で消費する「地産・地消」の取り組みを進めています。

県産麦展示商談会

県産麦の需要拡大を図るため、関連企業や団体と協働して展示商談会を今年度初めて開催。

パンや麺をはじめ、みそ、しょうゆ、菓子、ビール等、さまざまな麦の加工品が一堂に展示され、試食や意見交換などが行われました。

県産麦のキャラクター
「むぎっち」 

学校給食で県産食材を利用拡大

子どもたちに地産・地消を伝えるため、JAグループ山口等の生産者や県学校給食会などと共に、県産食材の利用を促進。

県産原料を使ったパンやご飯、豆腐等の使用に助成を行うほか、青果物・魚介類のサンプル提供などに取り組んでいます。

大都市圏に販路を拡大

「ぶちうま売込隊」による県産農林水産物のPRを強化し、首都圏をはじめとする大都市圏への販路拡大を図っています。

「ぶちうま売込隊」って何?

村岡知事を隊長として、県や生産者団体などで構成。県産の農林水産物をしっかり知ってもらうために各地でPRをしています。


山口フェアでの売り込み活動

各種フェアに出展

大都市圏の百貨店や商業施設、専門店等と連携して山口フェアなどを開催。

「やまぐちブランド」をはじめ、「地酒」や「かまぼこ」などの魅力ある県産品をPR販売しています。

情報発信会でトップセールス

大都市圏のメディア関係者を対象に、山口県の魅力を体感していただく情報発信会を開催。

村岡知事自らプレゼンテーションを行い、山口県の食の魅力などをPRしました。

新たなメディアも活用

テレビショッピングなど、新たなメディアも活用した売り込み活動を開始。

県職員が出演し、県産加工品を紹介しました。

海外の販路を開拓

台湾・香港をはじめとする海外への輸出拡大に向けて、販売拠点の確保と商品の定着を図っています。

台湾・香港

農林水産物の海外展開における重点地域としている台湾・香港で「台湾・香港キャラバン」を開催。

両地域とのさらなる経済交流強化を図るため、「ぶちうまやまぐち総合フェア」の開催をはじめ、トップセールスにより本県の総合的な売り込み活動を展開しました。

ぶちうまやまぐち総合フェア

シンガポール・マレーシア

高い経済成長が見込まれ、今後の経済交流が期待できる両国での販路開拓に向けてトップセールスを実施。

シンガポールでの県産水産物の試食販売や、マレーシア日本大使公邸でのレセプションなどを実施した結果、本県農水産物の味や品質に高い評価が得られました。

シンガポールでの県産水産物試食販売

上海

県産食材情報をPRするため、総領事公邸で「おいでませ!やまぐち『観光と食』情報発信会in上海」を開催。

在上海の食品流通・飲食関係者に県産食品や地酒等を味わっていただき、意見交換などを行いました。

おいでませ!やまぐち「観光と食」情報発信会in上海

お問い合わせ先

県ぶちうまやまぐち推進課 電話083(933)3360