本文へジャンプする
  • トップページ
  • いんふぉ山口
  • 県立施設ガイド
  • 県政だより
  • 編集室

本文のエリアです。

県政だより

明治150年プロジェクト
「やまぐち未来維新」始動

維新胎動の地山口県

平成30年の明治改元から150年を契機に、県では、明治維新を成し遂げた先人の精神や偉業を今に生かし、さらに未来へとつなげていくためのさまざまな取り組みを、明治150年プロジェクト「やまぐち未来維新」として展開しています。

5月には、「明治150年記念 2017大学生国際会議in山口」を開催。国内外の学生が幕末・明治期における先人たちの「志」や「行動力」に思いをはせながら、日本や世界が抱える課題について、グローバルな視点から討論などを行いました。

これからも、「明治維新胎動の地」である山口県への県民の誇りと愛着、国内外における本県の認知度などを高め、未来に向けた県づくりを一層推進していきます。

お問い合わせ先 県政策企画課 電話083(933)2425

http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a10000/index/

地図

クラスノダール地方と友好協定を締結

4月26日、ロシア・クラスノダール地方と友好協定を締結しました。クラスノダール地方はロシア南西部の黒海沿岸に位置し、2014年冬季オリンピックが開催されたソチ市も含まれます。

この友好協定は、昨年12月に長門市で開催された日露首脳会談を契機に協議を進めてきたもので、プーチン大統領お見送りの際、村岡知事から大統領に「クラスノダール地方と交流を始めたい」と伝えていたものです。

協定を締結する村岡知事の写真

協定を締結する村岡知事

昨年5月のソチ市での日露首脳会談の際に、安倍首相が経済分野における8項目の協力プランをプーチン大統領に提案しましたが、今回締結した友好協定は、その中の「人的交流の抜本的拡大」の成果の一つとなるものです。

今後は、山口県とクラスノダール地方の互いの特徴を生かし、文化やスポーツ、学術など幅広い分野で交流を進め、両地域の発展につなげていきます。

お問い合わせ先 県国際課 電話083(933)2340
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a12900/index/
旧下関英国領事館の写真

旧下関英国領事館

本県初の「日本遺産」が誕生

4月28日、「関門“ノスタルジック”海峡〜時の停車場、近代化の記憶〜」が、本県初の「日本遺産」に認定されました。

「日本遺産」は、地域の歴史的魅力や特色を通じて、わが国の文化・伝統を語る「ストーリー」を文化庁が認定するものです。

下関南部町郵便局と旧秋田商会ビルの写真

下関南部町郵便局と旧秋田商会ビル

今回認定された遺産は、近代国家建設時期に下関・門司両港で一体的に発展してきた、旧下関英国領事館をはじめとする建造物群などの魅力を日本遺産ストーリーにまとめました。

時が停止したかのように現在も残されている、まるで映画のワンシーンのようなノスタルジックな風景へといざないます。

今回の認定により、関門エリアの魅力が一層広まり、下関地域はもとより、本県のさらなる活性化につながることが期待されます。

お問い合わせ先 県社会教育・文化財課 電話083(933)4666

http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a50400/index/

日本と韓国で海岸を一斉清掃

5月14日、長門市油谷大浦海岸で、日韓海峡海岸漂着ごみ一斉清掃がスタートしました。これを皮切りに、県内では日本海沿岸3市1町(下関市、長門市、萩市、阿武町)で順次一斉清掃を行っています。

日韓海峡海岸漂着ごみ一斉清掃の写真

この活動は山口県の提唱で平成22年に始まり、今年で8年目になります。今年も山口、福岡、佐賀、長崎の4県と韓国南部の4市道で、多くのボランティアの協力を得て、海岸の環境美化に取り組みます。

日本の「海の日」は7月の第3月曜日ですが、韓国の「海の日」は5月31日なので、日韓の共同交流事業として、5月から7月にかけて実施しています。

お問い合わせ先 県廃棄物・リサイクル対策課
電話083(933)2992

http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a15700/index/