本文へジャンプする
  • トップページ
  • 特集
  • 明治150年
  • いんふぉ山口
  • 県立施設ガイド
  • 編集室
ふれあい山口2017.9月号 >特集1 新たな人の流れをつくろう!

本文のエリアです。

特集1

新たな人の
流れをつくろう!

山口県では、大学に進学する高校生の約7割が県外に進学し、また、県内大学生の約7割が県外で就職しています。
このため、県では、県内進学や県内就職を促進するとともに、UJIターン対策も幅広く行っています。

今回の特集1では、「活力みなぎる山口県」を実現するための、県内への定着・移住に向けた取り組みを紹介します。

若者の県内定着の促進

県内大学・短期大学と連携した大学生などへの働き掛け(学事文書課)

  • 就業体験支援員を配置
  • 県内企業の魅力発見フェアの開催支援

県若者就職支援センター 山崎 直子(やまさき なおこ)さん

Q.どんな活動を?

県内企業の魅力を大学生に知ってもらうための長期のインターンシップ実施に向け、県内企業と大学の調整をしています。

Q.大学生や県内企業の皆さんに一言。

大学生の皆さん!長期体験型のインターンシップに、どしどし参加して、県内企業の魅力をいっぱい知ってください。長期のインターンシップを行ってみたいという企業の皆さんの要望も受け付けています。皆さんのご連絡、待っています!!

山崎 直子さんの写真
お問い合わせ先 県若者就職支援センター 電話083(976)1145

県内企業の魅力発信(労働政策課)

  • 就企業PR動画や就職ハンドブックなどを作成

県内企業の外国人材確保(新産業振興課)

  • 若者就職支援センターに外国人材コーディネーターを配置

高校生の県内定着促進(高校教育課)

  • 就職サポーターによる県内就職支援
田中 継男さんの写真

県立岩国工業高校
チーフ就職サポーター
田中 継男(たなか つぐお)さん

Q.就職サポーターとしてどんなことに取り組んでいますか?

就職に対する心構えを伝えるほか、企業の採用計画や就業内容の情報を収集・提供しています。岩国は広島商業圏に隣接しているので、県内への就職には課題もありますが、県内企業に関心を持ってもらえるよう努めています。

Q.生徒は何を基準に就職先を決めていますか?

安定度・将来性・やりがいなどを優先していますが、「就労場所が自分にとって魅力ある地域であるか」も考えています。若者が魅力を感じる街づくりに、われわれも関心を持たなければと思います。

Q.就職を考えている高校生にアドバイスを。

就職は自分の将来・一生を左右しますが、就職活動の期間は、数カ月です。

多種多様な情報を計画的に分析する行動力が必要だと思います。

ひとの還流・移住の促進

「住んでみぃね!ぶちええ山口」県民会議による取り組み(中山間地域づくり推進課)

やまぐち暮(ぐ)らし総合支援センター
専門相談員 藤山 佳子(ふじやま よしこ)さん

Q.日頃はどんなことを?

安心して移住できるよう、就職に関するサポートをしたり、移住希望先の市町情報をお伝えしたりしています。相談される方の状況はさまざまなので、ご希望に沿った支援を心掛けています。

Q.支援に携わってどう感じていますか?

「自分が育った環境で子どもを育てたい」とか、「以前訪れた時に良い所だったので」など、山口愛を感じる方が多いので、私も山口の良さを再認識させられます。

Q.移住を考えている人にアドバイスを。

山口県を、実際に目で見て肌で感じてほしいですね。移住体験ツアーなどのイベントに参加するとイメージを具体化できます。東京・大阪にも相談窓口があるので、お気軽にご相談ください。

藤山 佳子さんの写真
お問い合わせ先
やまぐち暮らし総合支援センター 電話083(976)0277
やまぐち暮らし東京支援センター 電話03(6273)4887
やまぐち暮らし大阪支援センター 電話06(6341)0755

移住就農の推進(農業振興課)

やまぐちUJIターン就職の推進(労働政策課)

「ふるさとワーキングホリデー」を実施(中山間地域づくり推進課)

学生に説明する笠原 隆史さんの写真
【ふるさとワーキングホリデー 学生受け入れ企業】
笠原養蜂場(周防大島町)オーナー笠原 隆史(かさはら たかふみ)さん
ふるさとワーキングホリデーとは?
県外の大学生などが、働きながら、地域住民との交流を通じて、"やまぐち暮らし"を体験できる制度です。

Q.学生受け入れに手を挙げた理由は?

地域の課題の中で一番深刻なのが、人材確保だと思います。学生の皆さんは貴重な体験ができるし、私たちも地域やこちらの仕事に興味を持っていただけるチャンスだと思いました。

Q.人材確保には何が必要でしょうか?

「田舎だからこそ、できることもある」ということを若い人たちに知ってもらうことが、将来、地域で暮らすことを選択肢の一つとして考えてもらうきっかけになるのではないかと思います。

Q.ふるさとワーキングホリデーの取り組みをどう思いますか?

地域で輝き、地域を盛り上げ、地域に根付く仲間を、私たちは求めています。
結果はすぐには出ませんが、地域へ人の流れをつくるこのような取り組みを、推進してほしいと思います。

お問い合わせ先

若者の県内定着の促進について

県学事文書課 電話083(933)2140
県労働政策課 電話083(933)3254
県新産業振興課 電話083(933)3140
県高校教育課 電話083(933)4632

ひとの還流・移住の促進について

県中山間地域づくり推進課 電話083(933)2546
県農業振興課 電話083(933)3380
県労働政策課 電話083(933)3254