本文へジャンプする
  • トップページ
  • 特集
  • 明治150年
  • いんふぉ山口
  • 県立施設ガイド
  • 編集室
ふれあい山口2018.5月号 >特集 平成30年度当初予算「3つの維新」への挑戦

本文のエリアです。

特集

平成30年度当初予算
「3つの維新」への挑戦
〜「明治150年」を契機とした新たな県づくり〜

村岡知事の写真

明治150年を契機として、県づくりの主役である県民をはじめ県全体の活力を高めるとともに、その高まりやこれまでの県づくりの成果を活かし、新たな時代を切り拓く「3つの維新」への挑戦を始動します。

また、当初予算編成過程を通じ、行財政構造改革の確実な具現化に取り組み、「3つの維新」への挑戦を支える揺るぎない行財政基盤の確立に一定の道筋をつけました。

これらを踏まえ、平成30年度当初予算を「『3つの維新』発進予算」と位置付け、新たな県づくりを速やかに進めてまいりますので、皆さんのご理解とご協力をお願いします。

山口県知事 村岡嗣政

今年度予算の特徴

「明治150年」の開花と未来への継承

平成30年の「明治150年」を契機として、明治維新や日本の近代化の歩みを振り返り、「明治維新胎動の地」である山口県への県民の誇りと愛着、国内外における本県の認知度などを一層高め、これからの県づくりにつなげます。

新たな「3つの維新」の始動

これまでの県づくりの成果の上に立ち、「産業維新」「大交流維新」「生活維新」の「3つの維新」への挑戦を速やかに始動し、最重要課題である人口減少問題や地方創生の実現など、県政が直面する課題の克服に取り組みます。

財政健全化に向けた行財政構造改革の確実な具現化

県財政は、人口減少等により歳入が伸び悩む中、高齢化に伴う社会保障費の増大などによって歳出が歳入水準を上回る構造となっています。

この硬直化した財政構造を転換するため、「行財政改革統括本部」で取りまとめた方向性に沿って、収支均衡した財政構造への転換に向けた一定の道筋をつけました。

平成30年度当初予算 総額6730億円

県の収入グラフ
県の収入

自主財源
(県が独自に確保できる財源)…47パーセント

  • 県税…26パーセント
  • 使用料や手数料…1パーセント
  • 貸付資金の返済金や基金(県の預貯金)の取り崩しなど…20パーセント

依存財源
(国からの交付などにより確保される財源)…53パーセント

  • 地方交付税…25パーセント
  • 国からの補助金など…16パーセント
  • 県債(県の借金)…12パーセント
県の支出グラフ
県の支出
  • 教育の充実…21パーセント
  • 福祉の向上や犯罪の防止、環境対策、雇用の促進…23パーセント
  • 農林水産業や商工業の振興…13パーセント
  • 道路や河川、住宅などの整備…11パーセント
  • 県債の償還…15パーセント
  • 市町への税金の配分…11パーセント
  • その他…6パーセント

県民1人当たりに換算すると48.8万円になります。
平成30年1月1日現在の人口 1,379,066人で計算

支出の内訳は次のとおりです。

  • 教育の充実10.4万円 教育の充実
    10.4万円
  • 福祉の向上や犯罪の防止、環境対策、雇用の促進11.3万円福祉の向上や犯罪の防止、
    環境対策、雇用の促進
    11.3万円
  • 農林水産業や商工業の振興6.5万円農林水産業や商工業の振興
    6.5万円
  • 道路や河川、住宅などの整備5.2万円 道路や河川、住宅などの整備
    5.2万円
  • 県債の償還(借金の返済)7.1万円県債の償還(借金の返済)
    7.1万円
  • 市町への税金の配分
    5.4万円
    その他
    2.9万円

「明治150年」の開花と未来への継承

山口ゆめ花博のロゴマーク
山口ゆめ花博

9月14日(金曜日)から11月4日(日曜日)まで
山口きらら博記念公園(山口市)

山口県の未来に向かうエネルギーを高めるとともに、新しい都市公園の可能性を提案し、全国に向けて発信します。

やまりんのイラスト

メインキャラクター
やまりん

ちょるるのイラスト

サポートキャラクター
ちょるる

6つの特徴「ゆめの未来公園はじまる!」

  1. 1 咲き誇る1,000万の山口県の花
  2. 2 山口県から始まる「子どもの育ちを支える公園」
  3. 3 日本一に挑戦!(日本一長い竹のコースターなど)
  4. 4 ファンタスティックなナイトプログラム
  5. 5 心躍る1,000のイベントと体験プログラム
  6. 6 新しい公園の夢を持ち寄る県民参加プログラム

維新体験館

VR(バーチャルリアリティー)で幕末の長州を仮想体験できる施設が、「山口ゆめ花博」会場内に登場します。

明治150年記念式典・若者国際シンポジウムなどの開催

国内外に向けて、「明治150年」と「維新胎動の地 山口県」 を力強く発信するため、「山口ゆめ花博」会場において、記念式典などを開催します。

幕末維新回廊【開催期間】5月12日(土曜日)から12月31日(月曜日)まで
【参加施設】県内34の博物館・資料館など

県内各地域の歴史・文化施設などを「点」から「線」へと結び付けた回廊を構築し、明治150年を契機に各地で開催される企画展を楽しみながら、県内を「めぐり」、「維新胎動の地 山口県」を体感できる、全県的なイベントを展開します。

2018年は明治改元から150年維新胎動の地「山口県」をめぐる。

幕末維新回廊をめぐるICカード

山口めぐりっとカード

「維新150年オリジナルデザインICカード」を発行し、ポイントラリーを実施します。

PREMIUM

山口めぐりっとカード・プレミアム

全施設をめぐる共通入館機能が ついた「プレミアムカード」も発行!

https://meiji150.net/

山口ゆめ花博会場 維新体験館(再掲)

パークロード周辺会場(山口市) 県立5施設等が連携して記念企画展を開催(毛利敬親展、超絶技巧展など)

地域会場(4エリア) 中部(毛利博物館など)、西部(下関市立歴史博物館など)、北部(萩博物館など)、東部(岩国徴古館など)

新たな「3つの維新」の始動

1 産業維新

山口県の強みを最大限に活かして、新たなバイオ関連産業や宇宙利用産業の創出、強い農林水産業の育成などを推進し、産業力を大きく伸ばします。

 

 

産業力の強化と成長分野でのイノベーションの創出

新たなバイオ関連産業の創出や「水素先進県」の実現、港湾の機能強化による産業基盤の整備などを進めます。
(新産業振興課、港湾課)

強い農林水産業の育成

新規就業者の受け皿となる魅力ある産地を拡大するほか、「やまぐち和牛」の高品質化、農林水産分野での女性の活躍を促進します。
(農業振興課、畜産振興課、農林水産政策課)

中堅・中小企業の成長・安定・創業支援

地域の経済成長・雇用をけん引する地域中核企業の創出・成長や宇宙利用産業の創出、円滑な創業、産業を支える人材の確保を支援します。
(産業戦略部、商政課、新産業振興課、経営金融課、労働政策課)

出典:NASAの写真

出典:NASA

2 大交流維新

山口宇部空港の国際交流拠点化や県産品等の国内外への売り込み強化、人の移住・還流の促進などを図り、人やモノの「大交流」を実現します。

 

 

国内外との交流の拡大

幕末維新をテーマとした観光キャンペーン「やまぐち幕末ISHIN祭」の展開や国際定期便等の運航拡大、東京オリンピック等のキャンプ地誘致活動、スペイン・ナバラ州やロシア・クラスノダール地方等の海外自治体などとの国際交流の推進を図ります。
(観光プロジェクト推進室、交通政策課、スポーツ推進課、国際課)

国内外への売り込みの強化

県産品の大都市圏や海外への売り込みを強化するほか、「漁獲から流通に至る一連の鮮度管理システム」の輸出や、海外展開を図る県内企業を支援します。
(商政課、ぶちうまやまぐち推進課、産業戦略部、新産業振興課)

やまぐちへの人の還流・移住の促進

移住促進に官民一体となって取り組むほか、林業就業希望者に対して、就業相談会の開催や県内事業体視察、就業体験までの一体的な支援を実施するなど、県内への人の流れを促進します。
(中山間地域づくり推進課、森林企画課)

YYターン

3 生活維新

子育て支援や働き方改革、新時代を創造する人材の育成、防災・減災対策の強化などに取り組み、誰もが希望を持って安心して暮らせる基盤を築きます。

希望を叶(かな)える暮らしづくり

結婚から子育てまでの切れ目ない支援

妊娠期から子育て期まで身近な場所で相談できる支援体制を、全県で展開します。

また、中学校や高校に地域の乳幼児親子が集う「子育てひろば」を開設して子育てを身近に感じてもらう取り組みや、居住地にかかわらず病児保育が利用できる体制づくりを進めます。
(こども政策課)

働き方改革の推進

相談支援などの企業サポートを強化するほか、学校や建設業における働き方改革を推進します。
(労働政策課、教職員課、監理課)

相談ちょるるのイラスト

快適な暮らしづくりの推進

「山口ゆめ花博」を社会実験の場として活用し、都市公園の新たな利活用によるにぎわいを創出するほか、再生可能エネルギーの導入を促進します。
(都市計画課、環境政策課)

人材の育成と活躍への支援

新時代を創造する子どもたちの育成

地域連携教育のさらなる充実を図るため、地域連携教育アドバイザーなどを配置して「地域教育力日本一」の推進体制を強化するほか、教員の業務を補助する「学校業務支援員」や「部活動指導員」の配置による教育環境の充実を図ります。
(義務教育課、社会教育・文化財課、高校教育課、特別支援教育推進室、教職員課、学校安全・体育課)

誰もが活躍できる地域社会の実現

「山口ゆめ花博」を契機としたボランティア活動などの活発化、生涯スポーツの推進、女性の活躍、障害者の社会参加促進に取り組みます。
(県民生活課、スポーツ推進課、男女共同参画課、労働政策課、障害者支援課)

安心・安全で活力ある地域づくり

防災・減災対策の強化

被災者生活再建支援システムの構築や県民防災力の充実強化、災害危険箇所の事前調査に取り組みます。 (防災危機管理課、森林整備課、河川課)

安心して暮らせる環境づくりの推進

効果的な啓発活動による若者の消費者被害の防止や、高齢者宅の戸別訪問による、うそ電話詐欺被害の未然防止に取り組みます。
(県民生活課、警察本部生活安全企画課)

保健・医療・介護の充実

若手医師の確保のほか、県独自の健康アプリ開発による健康づくりの推進、がん検診の受診率向上に取り組みます。 (医療政策課、健康増進課)

がん検診めざせ受診率50%超のイラスト

活力ある地域づくりの推進

中山間地域の活力向上や、都市間連携を踏まえたコンパクトなまちづくりに取り組みます。
(中山間地域づくり推進課、都市計画課)

お問い合わせ先

担当の各課または県広報広聴課

電話083(933)2566

県財政課

電話083(933)2170
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a10500/index/