山口県章
きらら山口タイトル

KIRARA yaamguchi

広報広聴課のホームページへ
山口きらめーる
山口県の「きらめく元気」を発信
 
やまぐちえいよう館 ココロにえいよう

私がご案内します。 熊谷美術館 館長/熊谷 五右衛門幸三(くまや ごえもんこうぞう)さん

熊谷 五右衛門幸三さん 写真


シーボルトのピアノ 1820年頃 英国製

 当家の初代 熊谷五右衛門芳充は、宝暦4年(1754)に萩藩七代藩主毛利重就の命によって藩の財政に寄与する御用商人となりました。以後熊谷家は6代にわたってこの任を務め、私は10代目の主です。
 この屋敷・熊谷家住宅は、明和5年(1768)に初代芳充が建てたもので、約6,200平方メートルの敷地に切妻造り桟瓦葺きの主屋や蔵などが建ち並んでいます。江戸時代中期の地方豪商の財力を伝える好例として主屋、離れ座敷、本蔵、宝蔵は国の重要文化財に指定されています。熊谷美術館は屋敷の一部に文化資料を展示して昭和40年に開館しました。住宅の主屋・正面玄関は、美術館の裏手にあります。
 宝蔵に展示してあるシーボルトのピアノは、当家4代の熊谷五右衛門義比が長崎で親交を結んだドイツ人医師シーボルトから贈られたもので、ベートーベンやシューベルトが生きていた時代に作られ、日本に最初に入ってきたピアノといわれています。文政11年(1828)にシーボルトが帰国する際に贈られ、内部には「わが友クマヤへお別れのために」という書きつけも残っています。足を外して箱に入れ、持ち運ぶこともできる小型のピアノであり、羊の胎児の皮で作ったカバーともども、貴重な文化資料といえます。


お問い合わせ

熊谷美術館 萩市今魚店町47
TEL 0838-25-5535
FAX0838-24-3773
開館時間/9時〜 17 時
休 館 日/毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
      年末年始

熊谷美術館 写真

地図

http://www3.ocn.ne.jp/~kumaya/


参照サイト
<< もどる

山口県広報広聴課課


〒753-8501
山口県山口市滝町1-1
TEL 083-933-2566
FAX 083-933-2598
E-mail
a11000@pref.yamaguchi.lg.jp
きらら山口の紹介  
読者のページ アンケート
All right Reserved.2002 Copyright. © 山口県
ギャラリー&コラム やまぐちえいよう館 おいでませ山口へ やまぐちInfo 魅せます・山口 特集1 元気元景やまぐち・ファイティングスピリットの故郷 おいでませ山口へ やまぐちInfo 魅せます・山口 特集2 「ヤマグチ・パワー人名録」喝采・熱血チャレンジャー ギャラリー&コラム やまぐちえいよう館