• トップへ戻る
  • 特集トップ
  • 観光スポット
  • 特産品・お土産
  • 歴史情報満載
  • 豊かな自然
  • 文化文学紹介
  • UJIターン
  • ふるさと大使など
  • 企業向け情報
  • やまぐちQ&A
  • やまぐち写真館

特集「妄想オーストラリアの旅」その1

山口県でオーストラリア気分を満喫!?            English

突然ですが、みなさんサッカーは好きですか?私は大好きです! 今年はロンドンオリンピックにユーロ2012にワールドカップ最終予選にと、サッカー好きの私はテンション上がりっぱなしです! この記事がアップロードされるころは、最終予選の最初のヤマ場、アウェーのオーストラリア戦。応援に行きたいですよね! しかし、試合が行われるのは6月の平日。勤め人にはなかなか無理な話です。 「試合会場はブリスベン・スタジアム。ふむふむ。ここにあるのか。近場のオススメの観光地はハーバーブリッジ。おお!写真で見たことある!」などと地図を眺めて楽しむのが関の山です。 そんなことをしていると、あることに気が付いたのです。それは…
「山口県とオーストラリアの形って似てるよね!」ということに!

オーストラリアの地図 山口県の地図

そこで今回の特集です。
オーストラリアへ行けない人は、山口県でオーストラリア気分を楽しみましょう!


サッカー好きの方は、まずはスタジアムへ!

サンコープスタジアムの地図 蜂ケ峰総合公園の地図 蜂ケ峰総合公園の写真

まず向かうのは試合会場のサンコープ・スタジアム!地図で調べるとオーストラリアの東部ブリスベンという町にあるらしい。山口県の東部でそれらしい施設というと…、蜂ヶ峯(はちがみね)総合公園がありました!

それではと、早速やって来ました蜂ヶ峯総合公園。
公園内の芝生広場では、小さな子どもたちがボール遊びをしています。やっぱりサッカーするなら天然芝じゃないとね!

公園の中の高台にある芝生広場では、360度のパノラマが望めます。気持ちのいい芝生の上で、ピクニックも楽しめます。
他にも、アスレチックや観覧車、バラ園などのたくさんの楽しめる施設があります。動物あり、乗り物あり、遊具ありで、1日中遊べる公園です。

入園は無料ですが、有料の施設、期間限定の施設や体験があります。確認して出掛けることをお勧めします。

冒険の森の写真
冒険の森
自然の中で思いっ切り跳びはねて、冒険の旅に出よう。26のアスレチックポイントがあり、子どもたちと一緒に楽しめます。
観覧車の写真
観覧車
高さ32.65メートル、一周の所要時間約7分の観覧車。遠く瀬戸内海の島々を望む大空の散歩は絶景です。
※運転日は、土・日・祝と小・中学校の春休み・冬休み期間中。 ただし、20人以上の団体で利用がある場合は、平日も運転。
バラ園の写真
バラ園
170種3,700株が咲き誇る山口県最大級の「バラ園」。1番の見頃は5月中旬から6月上旬。6月下旬の二番花、8月下旬の三番花、10月上旬ごろの秋の開花も見頃です。

ミニSLの写真
ミニSL
メルヘンチックな青いとんがり帽子屋根の駅舎。一周743メートルの長距離を走る「はっち号」は3両42人乗り。
テニスコートの写真
テニスコート
オールグリーンの全天候型コート4面、クレーコート2面が設けられています。
ポニーの写真
ポニー
姉妹都市の北海道恵庭(えにわ)市より寄贈された、かわいいポニーは子どもたちの人気者。


いよいよ観光へ!

せっかくオーストラリア…いや、山口県に来たのなら、観光もしなくちゃ!
弾丸ツアーで、観光地をぐるりと回っちゃおう!まずは美しいアーチ橋!

ハーバーブリッジの地図 錦帯橋の地図

試合会場のサンコープ・スタジアムのやや南に、オーストラリアのシンボルの1つ、ハーバーブリッジ。蜂ヶ峯総合公園のやや南には、山口県のシンボルの1つ、錦帯橋があります。


ハーバーブリッジの写真

ハーバーブリッジ

錦帯橋の写真

錦帯橋


  • ソフトクリーム屋さんの写真
    ソフトクリーム激戦区。どのお店にも行列ができていました。
  • ソフトクリームの写真
    ソフトクリームは結構ボリュームがあります。甘党の人にはうれしいですね。
  • レンコンコロッケの写真
    レンコンのシャキシャキ感がたまらない!

いつ見ても美しい!
ハーバーブリッジも錦帯橋も、共にオーストラリア・山口県のシンボルの1つですね。
ちょうどこの日は、米軍岩国基地の日米親善デーで、錦帯橋からもブルーインパルスを見ることができました!

錦帯橋を岩国城方面に渡るとすぐに、以前はしっこ特集でも紹介したソフトクリーム屋さんがあります。
巌流島の対決で有名な、あの2人の名前を付けたソフトクリーム屋さんが隣り合って2軒と、その向かいにある1軒が、今日もお客さん獲得に猛烈な戦いを繰り広げています。
そんなソフトクリーム戦争に隠れて、ひっそりとコロッケ戦争も行われていました。
焼肉コロッケに牡蠣(かき)クリームコロッケなどありますが、やはりここは岩国名物のレンコンコロッケを選択!
岩国のレンコンは、他の地域のものより穴が1つ多く、見通しがよく縁起がよいとされており、コロッケの他にも、岩国寿司(押し寿司)や、チップスなども人気です。


自然を感じ、体験しよう!

大自然が生んだ岩の芸術!

エアーズロックの地図 秋吉台の地図

エアーズロックはオーストラリアの、秋吉台は山口県のほぼ中心にあります。
エアーズロックが「地球のヘソ」なら、秋吉台は「山口県のヘソ」といえるでしょう。


エアーズロックの写真

エアーズロック

秋吉台の写真

秋吉台


秋吉台は、昔は海中にあり、地殻変動により地層が逆転し押し上げられたといわれています。それを証明するかのように、辺りには石灰岩が多く点在しており、化石も多く発見されています。
ということで、山口県のヘソで化石を採集!
秋吉台のある美祢市では、化石の採集体験ができるんです。美祢市歴史民俗資料館で受け付けているということなので、早速向かいます。
朝早い時間ということで、当日の採集体験一番乗りです。
職員の方に採集時の注意をレクチャーしてもらい、クルマで10分ほど離れた採集場へ。

アンモナイトの化石の写真

アンモナイトの化石

ヤベオオツノジカの化石の写真

ヤベオオツノジカの化石

ナウマンゾウの化石の写真

ナウマンゾウの化石


化石の写真

どきどきどき

化石の写真

じゃじゃ~ん(クリックで拡大)


採集ポイントが分かると、あとはそこから面白いように化石が出てきます。急に元気になった私もハンマーを振ると、出るわ出るわ。しかし出るのは植物 の化石ばかり、昆虫の化石は出てきません。昆虫の化石は小さいので、虫メガネで観察してくださいと職員の方が言われてましたが、さっぱり分かりません。
結局1時間以上も石を割り続けましたが、それらしい収穫はなし。今回は昆虫化石を諦めて、採集許可証の返却のため歴史民俗資料館へ戻ります。

館内に入ると、小学生くらいの子どもを連れた家族が2組ほど化石採集の受け付けをしています。子どもが私の持っている袋を興味深そうに見ているので「こん なものが採れたよ」と見せてあげると「うわっ!おおっ!」とお父さんの声。「よし!頑張るぞ!」「アンモナイトを採る!」など、子どもそっちのけでお父さんのテンションが上がってます。
1時間以上頑張ったかいがありました。お父さんたちの羨望(せんぼう)のまなざしを受け、ちょっとしたヒーロー気分で帰路につきました。

採集用具の貸し出しは行っていないということなので、石を砕くハンマーや、割った石を詳しく見るための虫メガネ、目を守るためのメガネ(美祢市化石採集場では着用は必須ではありませんが、ゴーグルの着用を推奨しています)などは事前に準備が必要です。詳しくは美祢市歴史民俗資料館のホームページをご覧ください。

「妄想オーストラリアの旅」(平成24年度製作)

  • 山口県のホームページ