• トップへ戻る
  • 特集トップ
  • 観光スポット
  • 特産品・お土産
  • 歴史情報満載
  • 豊かな自然
  • 文化文学紹介
  • UJIターン
  • ふるさと大使など
  • 企業向け情報
  • やまぐちQ&A
  • やまぐち写真館

特集「幕末維新の旅」山口市

山口市では、明治維新の原動力となった幕末の志士にかかわる史跡を中心にご紹介します。


 

山口市

「藩庁門」 山口市滝町1-1(山口県庁) [地図1]

藩庁門の写真

藩主 毛利敬親(もうり たかちか)は、幕末の緊迫する諸情勢に対応するために、山口に「政事堂」を築き、藩政の本拠を萩から山口に移しました。藩庁門は、政事堂の表門として築造されたものです。

「枕流亭」 山口市香山町 香山公園内 [地図2]

枕流亭の写真

ここに移築される前は、一の坂川の河畔にありました。薩摩(さつま)藩の西郷隆盛(さいごう たかもり)、大久保利通(おおくぼ としみち)、小松帯刀(こまつ たてわき)、長州藩の木戸孝允(きど たかよし)、伊藤博文(いとう ひろぶみ)らによる倒幕の密議が交わされた場所です。「枕流亭(ちんりゅうてい)」のある香山(こうざん)公園内には、「国宝・瑠璃光寺(るりこうじ)五重塔」があります。

「山口市菜香亭」 山口市天花1-2-7 [地図3]

菜香亭の写真

かつて料亭だった「菜香亭(さいこうてい)」。大広間では、三条実美(さんじょう さねとみ)、木戸孝允、伊藤博文など、数多くの著名人の揮毫(きごう)を見ることができます。個性あふれる筆跡に、それぞれの人物をより身近に感じることができます。

「歴史街道 萩往還」 萩市-山口市-防府市

萩往還の写真

萩往還(はぎおうかん)とは、江戸時代、城下町・萩(萩市)と瀬戸内海に臨む三田尻(みたじり)(防府市)を結んだ全長約53キロメートルに及ぶ街道です。藩主の参勤交代の際の「御成道(おなりみち)」として開かれ、現在もなお幕末の志士ゆかりの史跡、江戸時代の石畳が残る箇所もあり、国の史跡に指定されています。見どころを紹介する語り部によるガイドウオークツアーは、萩往還の魅力をより深く楽しんでもらおうというもので、4つのコースが設けられています。

山口きらめーる「おもしろ山口学」

幕末の長州関連のバックナンバーです。イベント等は掲載時のものですので、ご注意ください。

関連サイト

地図

山口市の地図