• トップへ戻る
  • 特集トップ
  • 観光スポット
  • 特産品・お土産
  • 歴史情報満載
  • 豊かな自然
  • 文化文学紹介
  • UJIターン
  • ふるさと大使など
  • 企業向け情報
  • やまぐちQ&A
  • やまぐち写真館

特集「山口県の道の駅」きくがわ

ゆたかな自然と笑顔がつどう 道の駅「きくがわ」

道の駅「きくがわ」は、イチゴで有名な下関市菊川町の中心に位置し、大きな庄屋風の建物が特徴的。中国自動車道 小月(おづき)インターチェンジを下りて、国道491号を北へ約7分走ったところにあります。山陰と山陽の中間にあり、観光の他にドライブの休憩として利用する人も多い道の駅です。(平成26年(2014年)3月取材)

季節限定商品の多さにびっくり!

駅舎内の特産品販売所には、ようかんやラスクなど、菊川産のイチゴを使った商品が多く並んでいます。中でも駅長さんのお薦めは、イチゴを生地に練り込んだチーズケーキ。口に入れると春を感じる一品です。12月から5月までの季節限定商品で、それ以外の時季(4月から12月)には、これも菊川町の特産品「ハチミツ」を使ったチーズケーキが販売されます。

イチゴのチーズケーキの写真

イチゴの風味と種のプチプチ感を楽しめます。

芋けんぴの写真

特産品販売所の店長さんが、菊川町内で栽培したサツマイモを使用した芋けんぴ。販売期間は11月から2月まで。

健康志向でおいしいパン

特産品販売所の一角にはパン屋さんがあります。健康志向のパン屋さんで、店内には「生地に豆腐を練り込むことで、摂取カロリーを下げ、オリゴ糖を含む砂糖大根の砂糖で体を温める」と書いてあります。人気のラスクは、オリーブオイルを使用しているとのこと。ヘルシーでおいしいので、つい食べ過ぎてしまいそう。

豆腐を練り込んだパンの写真

豆腐を練り込んだパン。奥はゴマがたっぷりの「お豆腐ごまパンだ」。手前は季節限定「桜あんぱん」

菊川といえば「そうめん」

レストランはやまぐち食彩店登録のお店で、地産地消メニューがいただけます。菊川町といえば「そうめん」。菊川町手延素麺(そうめん)組合の方が手延べで作るこのそうめんは、コシとのどごしが特徴です。伸びにくいので、冬場は、にゅうめんで食べてもおいしいとのこと。早速いただこうとメニューを開くと、焼きそうめんに、チャーシューそうめんなど、バリエーションが豊富。どれにしようか迷っていたところ、目に入ったのが「田舎弁当」。刺し身や煮物、酢の物など、山口県産のおいしいものが詰まっているお弁当です。そうめんは、お吸い物でいただけます。このそうめんは揚げてあり、さっぱりしただしが染みて、たまらなくうまい。刺し身は、近海で捕れたものを毎日仕入れているそうで、新鮮そのもの。地元の旬の食材を一度に楽しめるお弁当でした。

他にも、合鴨(あいがも)うどんやそば、キクイモ麺のサラダなど、菊川町の特産品を使った「菊川風オリジナルメニュー」が豊富なレストランです。

田舎弁当の写真

海の幸に、山の幸がたっぷりの田舎弁当。

菊川名物イチゴソフトクリーム!

レストランの外ではソフトクリームを販売しています。食後のデザートにもってこい。当然イチゴソフトクリームをチョイス。天気がよければ外でいただいてもいいですね。食べてみると、イチゴをどれだけ使っているのだろうと思うくらい、豊かな風味。ボリュームたっぷりですが、イチゴの爽やかな甘味でぺろっといけます。

周辺のイチゴ農園では、2月頃から5月上旬頃までイチゴ狩りを楽しめす。道の駅「きくがわ」を拠点に菊川町の豊かな自然を楽しんでみませんか。

イチゴソフトクリームの写真

イチゴソフトクリーム。イチゴの果肉入り。


道の駅きくがわの地図
所在地
下関市菊川町大字上岡枝766番地1
電話
083-287-4649
営業時間
8時30分から19時30分まで
売店:8時30分から19時まで
レストラン:9時30分から19時30分まで
※電気自動車急速充電器があります。
定休日
1月1日、12月31日
道の駅 きくがわ
http://michinoekikikugawa.co.jp/
周辺の名所
中山渓、菊川温泉など
関連リンク
しものせき観光ホームページ
道の駅記念きっぷ
県内全ての道の駅で記念切符を販売しているわけではありませんが、いろいろ探してみるのも、また楽しそうです。

道の駅記念切符 道の駅 きくがわの写真

 

山口県の「道の駅」(山口県道路整備課)