• トップへ戻る
  • 特集トップ
  • 観光スポット
  • 特産品・お土産
  • 歴史情報満載
  • 豊かな自然
  • 文化文学紹介
  • UJIターン
  • ふるさと大使など
  • 企業向け情報
  • やまぐちQ&A
  • やまぐち写真館

特集「山口県温泉の旅」

-景色をめでながらゆったり漬かれる温泉-

周防灘を眺めながら
【秋穂温泉 海眺の宿 あいお荘】

春を迎えたとはいえ、時折思い出したかのように寒い日が顔をのぞかせます。取材日は、そんな春の合間の冬日。普段なら外に出るのが面倒になりそうな日ですが、温泉取材にはむしろ好都合です。
今回は、周防灘(すおうなだ)を一望できる温泉が自慢の「海眺の宿 あいお荘」です。
ここは、温泉もですが、車エビ料理も自慢の1つ!おなかも心も満たされて来ます!

絶好の展望とゆったり温泉を満喫

館内に入ると、正面がガラス張りになっており、ロビーの目の前には周防灘が広がっています。
ガラスの向こうはテラスになっており、晴れた日には、大分県の由布岳(ゆふだけ)や国東(くにさき)半島まで見えるそうです。

テラスから眺める周防灘の写真

まずは、大浴場から。明るくて清潔感のある大浴場にも、大きいガラスがはめてあり、こちらからも周防灘を一望できます。さすが"海眺の宿"あいお荘。あちらこちらで海を見渡す工夫がされています。

大浴場の写真

続いて露天風呂へ。外へ出るとさらなる絶景が広がります。眺めを遮る物は何もなく、白い灯台、漁をしている船、尻川湾を見下ろせます。
温泉の温度は高くなく、じっくりと漬かりながら、景色を堪能できます。
体が温まってくると、潮風がさらに心地よく感じます。

露天風呂の写真

お湯はサラッとした肌触り。海が近いので塩分を含んでいるのか、なめるとしょっぱいです。海で泳いだ後は、塩で体がべとべとになるのに、この温泉は湯上がり後も不思議とサラッサラです。

車エビの料理の写真風呂で心と体を癒やした後は、ぐうぐうと情けない音をたてている胃袋を癒やします。
冒頭でも触れたように車エビをいただきます!秋穂(あいお)といえば車エビ!車エビ養殖の発祥の地といわれており年間を通じて車エビを味わうことができます。
あいお荘では、漁港で水揚げされた、新鮮な車エビを堪能できます。
エビフライに、刺身と、秋穂のエビをしっかりいただいて、大満足の1日でした。

夕日の写真
おすすめ情報

こちらの温泉は、西側を向いているので、夕方になると周防灘を赤く染め上げながら沈んでいく美しい夕日を眺めることができます。
夕日を目当てに県外から訪れる方もいるそうです。


海眺の宿 あいお荘の写真
所在地
山口市秋穂東768-13
営業時間
10時から20時まで
定休日
水曜日(祝日の場合は翌日)
料金
大人(中学生以上)500円、 小学生・幼児(3歳以上)300円
泉質
単純弱放射能冷鉱泉

秋穂温泉の地図

 

海眺の宿 あいお荘の詳細はこちらから(海眺の宿 あいお荘ホームページ)