• トップへ戻る
  • 特集トップ
  • 観光スポット
  • 特産品・お土産
  • 歴史情報満載
  • 豊かな自然
  • 文化文学紹介
  • UJIターン
  • ふるさと大使など
  • 企業向け情報
  • やまぐちQ&A
  • やまぐち写真館

特集「やまぐちレトロ散歩」 山口県政資料館


特集「やまぐちレトロ散歩」 山口県政資料館

まるでタイムスリップしたみたい!?
明治、大正、昭和と、その時代ごとの景観や空気を今に伝える建物が山口県にはあります。そんな建物の数々をご紹介する「やまぐちレトロ散歩」。
─あなたも山口で歴史浪漫にひたってみませんか?

明治後期から大正期にかけて、西洋建築を手掛ける日本人建築家が現れ、西洋風の建築物が多く誕生しました。現存するものの中に、山口県旧県庁舎および旧県会議事堂があります。設計を手掛けたのは妻木頼黄(つまき よりなか)と後に国会議事堂の設計スタッフとなった大熊喜邦(おおくま よしくに)、武田五一(たけだ ごいち)です。

建築を手掛けた人物を紹介するパネルの写真

建築を手掛けた人物を紹介するパネル


この2つの建物は大正2(1913)年から大正5(1916)年にかけて建造され、旧県会議事堂は昭和49(1974)年、旧県庁舎は昭和59(1984)年まで利用されていました。西洋の近代的な建築様式と伝統的な和様式が融合した大正建築の粋を集めた貴重な建築物として、国の重要文化財に指定され、保存・活用されています。旧県会議事堂は平成10(1998)年より保存修理工事を行い、創建当時の姿のままで一般公開されています。

県庁舎・議会棟の両棟が現存するのは全国でも2例しかないとされています。

旧県庁舎の写真

旧県庁舎

旧県会議事堂の写真

旧県会議事堂

いずれの建物もれんが造りで内装は漆喰、外壁はモルタル仕上げ。玄関を中心に左右対称に建物が張り出したデザインは共通しており、シンプルで優美な西洋の後期ルネサンス様式を基調としながら、随所に斬新さが感じられる、大正時代の代表的な建築物です。正面玄関の列柱の1本1本は四角形と八角形を組み合わせたような独創的な意匠を持ち、彫刻のような美しさをたたえてます。またそのモチーフは建物内部の各所に用いられ、建物全体の調和を高めるとともに設計者の強いこだわりを感じさせます。

旧県庁舎正面玄関の写真

旧県庁舎正面玄関

正面玄関の列柱の写真

正面玄関の列柱

このような細部の装飾は2つの建物全般にわたって施され、発見する楽しみも味わえます。

旧県庁舎の屋根に施された彫刻の写真

旧県庁舎の屋根に施された彫刻

建物内の階段の手すりの柱の写真

建物内の階段の手すりの柱にデザインが取り入れられています

また上から見ると旧県会議事堂は「山」、旧県庁舎は「口」という文字を形成し、合わせて「山口」となるのも非常に興味深いポイントです。

旧県会議事堂模型の写真

旧県会議事堂模型。「山」の字に見えませんか?

旧県庁舎模型の写真

旧県庁舎模型。こちらは「口」の字が!

旧県庁舎の内部を見てみましょう。
知事室や重要な会議が行われた正庁会議室は当時の様子そのままに保存され、大正から昭和時代の空気まで感じられるようです。天井の意匠も独特で、シャンデリアやマントルピースといった備品も格式を高めています。レトロでゴージャスな雰囲気から、映画のロケに活用されることもあり、知事室では平成26(2014)年に映画「黒執事」のロケも行われました。(山口県フィルム・コミッション)

知事室の写真

知事室

シャンデリアの写真

シャンデリア

マントルピースの写真

マントルピース

正庁会議室の写真

正庁会議室

館内では多くの資料が展示され、県政の歩みや戦時の様子を今に伝えています。

歴代県知事写真展示の写真

歴代県知事写真展示

県政のあゆみコーナーの写真

県政のあゆみコーナー

県内の市町の特産品を展示する物産展示コーナーや、世界各国との姉妹都市提携の状況、交流の資料を展示する国際交流コーナーもあります。

物産展示コーナーの写真

物産展示コーナー

国際交流コーナーの写真

国際交流コーナー

旧県会議事堂は、議場をはじめ玄関ホールや各控室などが復元されています。窓、天井、階段の手すりなど建物全体にわたりユニークなデザインが施され、当時におけるセンスの斬新さを見ることができます。

半球状の塔屋の写真

半球状の塔屋

外壁のレリーフの写真

外壁のレリーフ

階段の手すりの柱の写真

階段の手すりの柱はこれらを取り入れたデザイン

議場の写真

議場

議場のシャンデリアの写真

議場のシャンデリア

廊下の写真

廊下

大正期の建築文化を今に伝える建物として、県政や県議会の歴史を記録した行政資料と共に、今もこれからも多彩な魅力を発信しつづけていくでしょう。

このほか、県庁エリアでは幕末期に築かれた堀や石垣、旧山口藩庁門、昭和時代の現県庁舎、平成になって完成した県警本部と、幕末から平成の様々な時代に作られた建築物を見ることができるのです。まさに県政の中心としての役割を果たしてきたこのエリアで、歴史の風を感じてみませんか?

関連リンク:やまぐち幕末維新寄り道紀行 山口県庁エリア(前編)
やまぐち幕末維新寄り道紀行 山口県庁エリア(後編)


山口県政資料館の地図
山口県政資料館
所在地
山口市滝町1番1号 「県庁前」バス停下車徒歩1分
開館時間
9時から16時30分まで
閉館日
毎週月曜日、祝日(ただし、5月5日、11月3日は開館)
年末年始(12月28日から1月4日まで)
入場料
無料
問い合わせ
電話 083-933-2268