ここから本文

トピックパス
  1. トップページ
  2. 魅力発県やまぐちトップページ
  3. 特集トップ
  4. 特集「山口県温泉の旅」
  5. 俵山温泉 白猿の湯

特集「山口県温泉の旅」

-景色をめでながらゆったり漬かれる温泉-

俵山(たわらやま)の雄大な自然を眺めながら
【俵山温泉 白猿(はくえん)の湯】

温泉の魅力は泉質も当然のことながら、その雰囲気も多くを占めているのではないでしょうか?浴衣を着て、風呂おけを持って、カランコロンと、げたの音を響かせながら温泉へ向かう。想像しただけで、癒やされそうです。
俵山温泉は、そんな外湯文化が今でも残っている数少ない温泉地。その中の、白猿の湯を訪れました。

流れる雲と、雄大な山々を眺めながら、心身を癒やす。

無料駐車場があるので、そちらに車を止め、目的の白猿の湯に向かいます。
川沿いにはツバキが咲き、川を渡ると、昔ながらの旅館が軒を連ねる温泉街です。昭和初期にでもタイムスリップしたような風情があります。
歩いている人の中には、熱心に写真を撮っている人もいます。

温泉街の写真

そんな情緒が漂う温泉街の中にあるのが、白猿の湯です。
白猿の湯は、通常の温泉の他に、足湯、飲み湯、ペット湯があります。まず一番驚いたのはペット湯。ペット専用のお風呂があるなんて。ここの地域の方は、なんてペットに優しいのでしょう!そして、私のオススメは飲み湯。なかなか見掛けませんよね。しかも無料ということなので、お風呂の前にひと口いただきました。
感想は「温泉の味」。軽い硫黄臭があります。便秘や糖尿病などに有効だそうです。

足湯の写真
飲み湯の施設の写真

さて、温泉で一杯やったし、お待ちかねのお風呂です。扉を開け中に入ると、湯船からぜいたくに温泉があふれ流れています。内風呂が2つ、露天風呂が1つあり、内風呂の一つ「白猿の湯・一号湯」はpH9.8とかなりのアルカリ性です。実際に漬かってみると、かなりヌルヌルとしたお湯です。スベスベ肌を想像すると、湯上がりが楽しみです。

内風呂の写真

露天風呂の方はといいますと、一部分屋根がなく、その下は寝転がって漬かれる「寝湯(ねゆ)」になっています。流れる雲を眺めながら、ぼーっとしていると、たまらなく気持ちがいい!
夜空を見上げながら入るのも、また良さそう。
ちょっと起き上がると、そこには俵山周辺の山々が見えます。
山間にある俵山温泉は、雄大な自然とお湯に癒やされる温泉でした。

露天風呂の写真
売店の写真
おすすめ情報

1階には売店があり、地元の野菜やお土産ものを販売しています。中でもオススメは浴用温泉水です。

俵山温泉 白猿の湯の写真

所在地

長門市俵山湯町

営業時間

7時から21時まで

料金

大人700円
小学生500円
幼児300円

タイムサービス(朝7時から9時まで、夜19時から21時まで)
大人500円
小学生300円
幼児200円

泉質

アルカリ性単純温泉
俵山温泉 白猿の湯地図

俵山温泉街には、ひとのくに山口ファンクラブの協賛施設があり、会員証の提示で特典を受けられます。詳しくは、ひとのくに山口ファンクラブのホームページをご覧ください。

俵山温泉 白猿の湯の詳細はこちらから(俵山温泉合名会社ホームページ)


このページの先頭へもどる

ひとのくに山口ファンクラブ プレゼントが当たる「山口県ご当地クイズ」開催中!ファンクラブに入会してチャレンジ ひとのくに山口ファンクラブはこちら

全国の皆さんに山口県の魅力をもっと知っていただきたいと、県の多彩な情報をお届けしています。

本州の最西端。やまぐち「はしっこ」特集

「魅力発県やまぐち」のスタッフが
山口県の「はしっこ」を魅力的に紹介!!

山口県

山口県のプロフィールをご紹介します。

山口元気寄付金

山口県では、ふるさと納税を、「つくろう!住み良さ日本一やまぐち元気寄附金」と名付けています。皆さんの力強い応援をお願いします。