メニューにジャンプする

ここから本文が始まります。

はじめてを目指す取組!!住まいから子育て家庭を支える、三世代同居・近居の推進

ポイント!ここがすごい

全国をリード! 民間企業と連携した取組の推進

世代間の支え合いによる子育てしやすい環境づくりとして、三世代同居・近居を希望する方を支援する、様々な取組を展開します。

  • 「やまぐち三世代同居・近居推進協議会」の設立
  • 「やまぐち三世代同居・近居パスポート制度」の創設
    パスポートの提示により、協賛企業の各種割引等の特典を受けることができます。
  • 「三世代同居・近居住宅支援制度」の創設
    同居・近居のための住宅改修等の費用の一部を助成します。

なぜ、三世代同居・近居を推進するの?

  • 県民意識調査(平成25年)によると、同居・近居は子供の数が多い傾向にあり、理想に近い子供の数を持てています。
  • 一方、山口県の三世代同居率は、全国平均を下回る状況です。
  • また、三世代同居・近居には、家族の支え合いによる日常生活の負担軽減など、子育て家庭を支える様々な効果があります。
  • このため、世代間の支え合いによる子育てしやすい環境づくりとして、取組を推進することにしました。

なぜ、民間企業と連携して取り組むの?

三世代同居・近居を希望されている方が抱えている、同居・近居をすることのメリットやどんな住宅を建てたら良いか、住宅購入などにより必要となる資金計画など、様々な疑問にお答えするため、県、市町と民間企業が連携し、住まいに関する情報提供から具体的な相談に対する対応や住宅等の提案まで、希望者のニーズに対応した多様な支援を、切れ目なく行うこととしました。

「三世代同居・近居」を推進する山口県の取組

推進協議会の設立

ハウスメーカーや地元工務店、不動産店等と連携した支援体制の構築

やまぐち三世代同居・近居パスポート制度

パスポートの提示による協賛企業の各種割引等の特典を活用した子育て世帯等の経済的負担の軽減

普及プロジェクト

  • 普及イベントの開催
  • 協力不動産店の研修・ネットワークの構築

住宅支援制度

新たに三世代同居・近居を始める場合の現住居の改修費等や中古住宅の取得費を助成

助成額
50万円/戸
助成戸数
30戸(最大)

※UJIターン者には、助成対象の拡充(新築)や助成額の加算(50万円)

わたしたちの暮らしは、こう変わります

  1. 住まいから子育て家庭を支える環境の整備
  2. 仕事と子育ての両立
  3. 子育て環境の充実