センキョこどもサイト

まちづくりは選挙から選挙のあゆみ選挙のしくみ明るい選挙クイズ投票してみよう!リンク子どもサイトトップへ

選挙のしくみ

みんなの大切な一票が、きちんと生かされるために、
選挙にはいろいろなしくみがあります。

選挙の種類   選挙区と代表の考え方
定数と選挙区   投票と開票
投票率   選挙の管理を行う人たち


○選挙の種類

イラスト
 選挙には、国の選挙や地方自治体の選挙など、いろいろな種類があります。

■国の選挙

衆(しゅう)議院
議員選挙
議員の任期満了(まんりょう)(4年)によるものと、衆議院の解散によって行なわれるものの2つに分けられます。
参議院議員選挙 議員の任期満了(6年)によって行なわれます。(参議院には解散はありません。)ただし、参議院議員は3年ごとに半数が入れかわるようになっていますので、3年に1回、定員の半数を選ぶことになります。

■地方自治体の選挙

都道府県議会議員選挙 議員の任期満了(4年)や議会の解散などによって行なわれます。
都道府県知事選挙 知事の任期満了(4年)などによって行なわれます。
市町村議会選挙 議員の任期満了(4年)や議会の解散などによって行なわれます。
市町村長選挙 市町村長の任期満了(4年)などによって行なわれます。

○選挙区と代表についての考え方

イラスト
 選挙のしくみには、いろいろなものがあり、国によって、また、時代によっていろいろな制度がとられてきました。
 どういった制度を取り入れるかについては、いかにして私たちの意見を十分政治に反映させるか、という視点(してん)から考えることが重要です。

■選挙区についての考え方

 選挙区の設け方には次のものがあります。

大選挙区制
小選挙区制
1選挙区から2人以上の議員を選ぶ
1選挙区から、1人の議員だけを選ぶ

■代表についての考え方

 選挙権を持つ人の意思(いし)をどのように議席数に反映させるのか、という考え方に応じて、次のようなしくみがあります。

少数代表制
多数代表制
比例(ひれい)代表制
候補(こうほ)者の得票順に複数の代表者が当選できる。定数の範囲(はんい)内なら得票の少ない候補者も選ばれる。
最も得票数が多かった候補者だけ当選できる。小選挙区制が、代表的な制度。
各政党の得票数に応じて議席を配分する制度。ミニ政党でも議席が持てる。

■現在の日本の制度

 
選挙区
代表
衆(しゅう)議院議員 小選挙区 小選挙区制 多数代表制
比例代表 大選挙区制 比例代表制
参議院議員 選挙区 大選挙区制 少数代表制
比例代表 大選挙区制 比例代表制
都道府県議会議員 大選挙区制 少数代表制

○定数と選挙区

イラスト
 選挙の多くは、都道府県や市町村などを基本として定められた地区の中から、代表を選び出すようになっています。この地区のことを「選挙区」といいます。
 また、この「選挙区」ごとの、当選人の数があらかじめ決められています。これを議員の「定数」といいます。
 この選挙区の区域(くいき)や定数は、主に、その地域(ちいき)の人口を元にして決められています。
 これは、一人一人の一票の持つ力が、選挙区によって大きく変わらないようにとの考えによるものです。

■各議会議員の選挙区と定数

衆(しゅう)議院
議員
小選挙区 定数は300人。全国を300の選挙区に分け、各選挙区から1人を選出。山口県には4つの選挙区がある。
比例代表 定数は180人。全国を11のブロックに分け、山口県のある中国ブロックの定数は11人。
参議院議員 選挙区 定数は146人。都道府県の区域(くいき)を単位として選挙を行い、山口県の定数は2人。
比例代表 定数は96人。全国を一つの単位として選挙を行う。
山口県議会議員 定数は49人と定められ、市や郡をもとにして15の選挙区に分けられている。
市町村議会議員 市町村がそのまま一つの選挙区。ただし、特別な事情がある場合、条例により選挙区をつくることができる。定数は、その市町村の人口により上限が定められており、これをこえない範囲(はんい)で、市町村ごとに定められる。

■衆(しゅう)議院議員小選挙区

小選挙区地図

■県議会議員選挙区

県議会議員選挙区地図

○投票と開票

■投票の方法

投票の流れ

■開票

イラスト
 開票は、投票所を閉めた後に、各投票区(投票所)の投票管理者から、投票箱などが開票管理者に送られてきてから行なわれます。
 送るときに不正が行なわれないよう、投票用紙の入った投票箱には二重に鍵(かぎ)をかけてから開票所に送られます。

○投票率

イラスト
 山口県内の投票率がどのようになっているのか見てみましょう。
1)衆議院議員選挙
衆議院選挙投票率の推移

2)参議院議員選挙
参議院選挙投票率の推移

3)県知事選挙
知事選挙投票率の推移

4)県議会議員選挙
県議選挙投票率の推移


イラスト
このように、各選挙の投票率はいずれも低くなってきています。
選挙は民主主義を支える重要な制度ですから、多くの人が投票することがとても大切です。

なぜ、こんなにも多くの人が投票に行かないのか、みんなで考えてみましょう。

■参考

(財)明るい選挙推進協会の行なった選挙の意識調査

○選挙管理を行う人たち

イラスト
 私たちの意思(いし)が、正しく政治に反映されるためには、選挙自体が、公正に行われなければなりません。だから、選挙は、公的な機関の人々によって、厳(きび)しく管理されています。正しい選挙が行われることは、民主主義を守り、私たちのくらしを守ることになるのです。

■県選挙管理委員会

主なしごと
衆(しゅう)議院小選挙区選挙や参議院選挙区選挙、県議会議員や知事の選挙に関する事務の管理
市町村選挙管理委員会に助言を行う
組織
4人の委員がおり、任期は4年
委員は選挙権(けん)を持っている人で、ひとがらが優(すぐ)れ、政治や選挙に公正な考えを持つ人のうちから、県議会議員の選挙により選出
委員長は委員の中から選ばれる

■市町村選挙管理委員会

主なしごと
市町村の議会の議員や長の選挙に関する事務の管理
すべての選挙についての投開票事務
選挙人名簿(めいぼ)の作成・管理
組織 (県選挙管理委員会と同じ)

■選挙会・選挙長

・各選挙では、当選人を決定する選挙会が置かれる
・選挙長は、この選挙会に関する事務や立候補(りっこうほ)の届出(とどけで)の受付などを行う
・選挙長は、その選挙の有権者の中から、その選挙を管理する選挙管理委員会によって選ばれる

■投票管理者

投票に関する事務を行う
  選挙人の確認(かくにん)、投票用紙を渡(わた)す、投票箱を開票管理者に送るなど
その選挙の有権者の中から、市町村選挙管理委員会によって選ばれる

■開票管理者

開票に関する事務を行う
  投票の点検、開票結果の報告、開票の記録の作成など
その選挙の有権者の中から、市町村選挙管理委員会によって選ばれる

■投票立会人

投票に立ち会い、投票が公正に行われるよう見守る
  投票手続きの立ち会い、投票箱を送るときに立ち会う など
各投票区の選挙人名簿に登録された者の中から、市町村選挙管理委員会によって選ばれる

■開票立会人

開票に立ち会い、開票が公正に行われるよう見守る
  開票手続きの立ち会い など
候補(こうほ)者などの届出により、市町村挙管理委員会によって選ばれる

■選挙立会人

選挙会に立ち会い、当選人を決定する手続きに参加
候補者などの届出により、その選挙を管理する選挙管理委員会によって選ばれる

▲ページトップへ