ここから本文

トピックパス
  1. トップページ
  2. 組織から探す
  3. 自然保護課
  4. やまぐち自然美感
  5. 景勝地写真一覧
  6. 霜降岳
霜降岳 宇部市
霜降岳 宇部市
霜降岳 宇部市
霜降岳 宇部市
霜降岳 宇部市

霜降岳

霜降岳 宇部市 峠池のヌマスギ(ラクウショウ)の気根が独特

中国山地の西端に分布する小高い山の中央部、市の北側にある霜降山(250m)山頂付近にはタブノキの群落があり、木漏れ日、森の香りなど、日常生活では味わうことができない空間が広がっている。 長門国守護厚東氏の本拠城で、7代武光が、源平合戦頃の1179年(治承3年)に築城したと伝えられる山城で、城のある霜降山は、厚東川の東岸にあり、川をへだてて厚東氏の居館旧跡と対している。 城は南北約660mにわたる4峰上に位置し、南から前城(標高247m)、本城(250m)、後城(240m・235m)と呼ばれている。城の遺構は、前城に長さ50mの空堀、本城には土塁や長さ42mの空堀、後城には階段状の施設が認められている。 延文3年(正平13年=1358年)、17代義武の時、大内弘世に攻められ落城して以降使用された形跡はなく、南北朝時代の山城の景観をよく残す貴重な史跡。

霜降岳 地図
霜降岳 詳細地図

Google マップ(別ウィンドウ)

史跡景勝

史跡景勝

植物観察

植物観察

ハイキング

ハイキング


このページの先頭へもどる