須金ぶどう・梨生産組合の全ての観光農園がオープンします!!

平成24年 (2012年) 8月 20日

1 目的

周南市北部の須金ぶどう・梨生産組合(吉安徹朗(よしやすてつろう)組合長、13農園)では、8月25日(土曜日)から、全ての農園でブドウ、ナシの観光もぎとりを始めます。

※ 一部の農園では8月上旬からオープンしています。


2 開園期間

平成24年8月25日(土曜日)から10月上旬まで


3 開園場所

須金ぶどう・梨生産組合 13農園


4 内容

(1) 観光もぎとり

ブドウ:もぎとり計量販売 (試食あり)

ナシ:入園料1,050円  (試食1個と持ち帰り用「もぎとり袋」1袋詰め放題)


(2) 直売

ブドウ、ナシの直売及び贈答品の発送


5 問い合わせ先

(取材対応)

25日(土曜日)は午前10時から正午までの間に取材対応します。

 ・ 須金ぶどう・梨生産組合

(担当)福田フルーツパーク 福田陽一(ふくだよういち) (電話)0834-86-2138

※ 裏面地図参照

 ・ 周南農林事務所農業部

(担当)弘中(ひろなか)礒部(いそべ)      (電話)0834-33-6456


(観光・直売所案内)

 ・ ふれあいプラザ須金 (電話)0834-86-2000


位置図


6 参考

<須金ぶどう・梨生産組合>

周南市須金地区の果樹農家による連携組織で、13戸がブドウ16ha、ナシ7haを栽培し、須金フルーツランドと呼ばれています。ブドウは、黒色の巨峰(きょほう)、ピオーネ、赤色の安芸(あき)クイーン、緑色のハニーシードレスなど多くの品種があります。

ナシは、8月上旬からの幸水(こうすい)新水(しんすい)、8月下旬からの二十世紀、豊水(ほうすい)、9月下旬からの新高(にいたか)など、長期間にわたって収穫出来るように多くの品種を栽培しています。

出荷は、観光農園での直売、もぎとり、直売所「ふれあいプラザ須金」などでの販売の他、ブドウは徳山巨峰ワイン(SUGANE:シュガーネ)の原料にもなっています。

また、組合員全員がエコファーマー(減農薬・減化学肥料栽培)として認定され、環境にやさしい農業生産方式を実践しています。


 


お問い合わせ先

周南農林事務所農業部
Tel:0834-33-6456
Fax:0834-33-6514
Mail: