「地域連携・低炭素水素技術実証事業」(環境省委託事業)の採択について

平成27年 (2015年) 4月 17日

本県では、全国トップクラスの大量かつ高純度の水素を生成するという強みを活かし、「水素先進県」の実現を目指した取組を進めているところです。

この度、(株)トクヤマが代表申請者となり、東ソー(株)、山口県、周南市、下関市が共同実施者として提案を行った「地域連携・低炭素水素技術実証事業」(環境省委託事業)について、国の採択が決定しました。

これにより、今後5年間で、周南コンビナートに立地する苛性ソーダ工場から発生する未利用・高純度の副生水素を回収し、周南地域で燃料電池車や燃料電池バス、純水素燃料電池等に利用するとともに、当該水素を液化し、下関地域に輸送して同様に利用する地域モデル実証を行います。

※ イメージ図は別添のとおり

1 環境省事業の概要

地方自治体と連携し、地域の特性を活かした、水素の製造から輸送、貯蔵、供給、利用にいたる各段階において低炭素化されたサプライチェーンの構築・実証


2 採択事業名

「苛性ソーダ由来の未利用な高純度副生水素を活用した地産地消・地域間連携モデルの構築」


3 実施予定年度

平成27年度から31年度(5年間)


4 事業費

5年間で総額約15億円


5 コンソーシアムメンバー

[代表申請者]トクヤマ

[共同実施者]東ソー、山口県、周南市、下関市


6 各主体の主な役割

トクヤマ:全体総括、未利用副生水素の回収、水素の直接供給

東 ソ ー:未利用副生水素の回収

山 口 県:全体総括の補佐、他地域展開戦略の実行

周 南 市:FCV・FCバス、FCフォークリフト等の実証

下 関 市:FCV・FCバス、FCフォークリフト等の実証



添付ファイル

別紙.pdf (PDF : 195KB)

 


お問い合わせ先

新産業振興課
Tel:083-933-3143
Fax:083-933-3159
Mail:a16900@pref.yamaguchi.lg.jp