わさびの病害虫対策や新たな栽培方法の研修会について

平成28年 (2016年) 2月 18日

1 概要

山口県は全国でも有数のわさび生産地であり、その生産技術の向上等を図るため、わさび栽培の研修会を開催します。


2 日時及び場所

(1) 日時

平成28年2月26日(金曜) 午後2時30分から午後4時まで

(2) 開催場所

松陰高等学校多目的ホール(岩国市錦町宇佐郷字向峠507 TEL0827-74-5200)

現地栽培ほ場(岩国市錦町宇佐郷字向峠)

* 別添位置図参照


3 主催

山口県わさび生産者団体連絡協議会(会長 梅川 仁樹)


4 参加対象者

山口県内のわさび生産者、関係JA等


5 内容

(1) ワサビクダアザミウマの被害実態と今後の試験研究

(山口県農林総合技術センター 岩本専門研究員)

(2) 農商工連携で開発するわさび超促成栽培技術

(山口県農林総合技術センター 日高専門研究員)


6 問い合わせ先

山口県わさび生産者団体連絡協議会

事務局(山口東農業協同組合 経済部指導・販売課)

担当:藤木

TEL 0827-37-0520


(参考) 山口県わさび生産者団体連絡協議会について

県内のわさび生産者相互の連携を図り、わさびの生産技術等の向上及び流通の合理化を推進し、わさび生産の振興に寄与するため、昭和53年に設立。現在の構成組織は、JA山口東わさび部会、鹿野わさび生産組合、JA山口中央わさび部会の3団体で、会員数は57人(平成27年度)



添付ファイル

会場図(松陰高等学校).pdf (PDF : 204KB)

生産の推移.pdf (PDF : 50KB)

 


お問い合わせ先

農業振興課
Tel:083-933-3390
Mail:a17300@pref.yamaguchi.lg.jp