~全国に先駆けた地方創生の取組!~
高度産業人材の確保に向けた奨学金返還補助制度の募集を開始!!

平成28年 (2016年) 2月 19日

国が地方創生に向けて取り組むこととしている「奨学金を活用した大学生等の地方定着」について、山口県では全国のトップバッターとして平成27年度から取組を開始したところです。

平成28年度については、新たに始まる日本学生支援機構の無利子奨学金の優先枠である「地方創生枠」に対応するため、本日より、募集を開始しますのでお知らせします。


1 制度概要


奨学金返還補助金は、日本学生支援機構の無利子奨学金の貸与を受け、理系大学院及び薬学部で高度な知識を習得している奨学生が、大学院修了等の後、山口県内の製造業に一定期間従事した場合、奨学金の返還額の全部又は一部を補助するものです。


2 募集内容

(1) 募集期間 平成28年2月19日(金曜日)から平成28年3月31日(木曜日)まで

(2) 募集対象 理系大学院修士1年生、薬学部5年生(H28年4月時点の見込み)

(3) 募集人員 20名 (うち、薬剤師枠5名程度)

(4) その他詳細は、別添リーフレットをご覧ください。


3 平成28年度の変更点(ポイント)

丸1 8年に分けて、毎年度補助します!

→学生や企業の声を反映して、毎年度の勤務毎に補助することとし、さらに使いやすくなりました!


丸2 日本学生支援機構の無利子奨学金が優先的に貸与されます!(地方創生枠)

→平成28年度から国が始める地方創生枠を活用します!


4 補助金額

大学院修了等の後、翌年の4月末日までに山口県内に本店又は支店を有する製造業に就業した場合、毎年度、その前年度の山口県内の製造業での勤務実績に応じて奨学金の返還を補助します。

補助総額: 奨学金の返還額の全額を最大で補助。

毎年度補助額: 奨学金の返還額×前年度の県内製造業での勤務月数÷96月

※ 就業後3年以内に自己都合で離職し、かつ離職後1年以内に県外へ転居した場合は、それまでに受けた補助金の返還が必要となります。


5 その他ポイント

丸1 最大2年間の奨学金全額を補助します!

丸2 全国から応募できます!

丸3 企業見学会の開催など、あなたの就職をサポートします!

丸4 予約採用(日本学生支援機構無利子奨学金)の方も返還を支援します!


6 今年度の状況

決定した対象者数 22名

9月に対象者を決定し、その後は、平成28年度の県内就職内定に向け、若者就職支援センター・山口大学や企業の協力を得て、就職ガイダンスや企業見学会を実施しています。


7 問い合わせ先

山口県 産業戦略部 計画推進室 TEL 083-933-2470  FAX 083-933-2469

制度の詳細、様式等は、山口県産業戦略部のホームページに掲載しています。

URL http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a11400/shougakukin/shougakukin.html


(参考) 地方創生枠とは

国が地方創生に向け、(独)日本学生支援機構の無利子奨学金事業において特別枠を設け、地方

大学等に進学する学生や特定分野の学位を取得する学生で、無利子奨学金の貸与基準を満たす者

を優先的に採用する制度。地方公共団体が大学等を通じて推薦。



添付ファイル

リーフレット.pdf (PDF : 995KB)

 


お問い合わせ先

産業戦略部
Tel:083-933-2470
Fax:083-933-2469
Mail:a11400@pref.yamaguchi.lg.jp