日本海沿岸へのポリ容器の漂着について(注意喚起)

平成29年 (2017年) 2月 21日

本日、本県の日本海沿岸に下記のとおり大量のポリ容器の漂着が確認されました。

今後も本県沿岸へ漂着する可能性がありますので、引き続き関係市町等と連携し、漂着状況の把握と県民への注意喚起に取り組みます。(漂着物の写真は添付ファイルのとおり)



1 ポリ容器の漂着状況(2月21日(火曜日)14時現在)

市町海岸等漂着数
下関市(豊浦町)八ケ浜海岸約50個
長門市(油谷)大浦海岸77個

(日置)二位ノ浜海岸25個

青海島周辺18個
萩市田万川~菊ヶ浜63個

三見~明石35個
阿武町町内の海岸約150個

容器の大半にハングル文字、「過酸化水素」、「hydrogen peroxide」の表示


2 注意喚起事項

《海岸に漂着しているポリ容器を見つけた時には》

○ ポリ容器の中に有害な液体が入っている可能性があるので触らないでください。

○ 見つけた時には、最寄りの市役所(又は総合支所)、町役場又は健康福祉センターに連絡してください。

○ 万が一、体に液体が付着した時には、大量の水で洗い流し、すぐに病院で診察を受けてください。

《海上で漂流しているポリ容器を見つけた時には》

○ ポリ容器の中には、有害な液体が入っている可能性がありますので、船などに引き揚げないでください。

○ 漁網にかかった場合は、そのまま海に戻してください。その際には直接手で触れないようご注意ください

○ 最寄りの海上保安部署(118番)に連絡してください。



関連リンク

海岸に漂流・漂着しているポリ容器について (別ウィンドウ)
(http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a15700/16kaigan/poliyouki.html)


添付ファイル

漂着物の写真.pdf (PDF : 569KB)

 


お問い合わせ先

廃棄物・リサイクル対策課ゼロエミッション推進班
Tel:083-933-2992
Fax:083-933-2999
Mail:a15700@pref.yamaguchi.lg.jp