平成29年度 山口県立美術館コレクション展(第1期)の開催について

平成29年 (2017年) 4月 12日

1 会期

平成29年4月20日(木曜日)から平成29年6月18日(日曜日)


2 場所

山口県立美術館(山口市亀山町3-1) 展示室A、B、C


3 概要

◆ 【展示室A・B】「香月泰男と松田正平」

会期:4月20日(木曜日)~6月18日(日曜日)


山口を代表する洋画家、香月泰男(1911-74)と松田正平(1913-2004)。

ともに東京美術学校に学び、激動の昭和を生き抜いた二人の画家は、それぞれに独自の表現を探究していきました。本展示では、戦前から香月がこの世を去る1970年代までの二人の足跡をたどります。


◆ 【展示室C】 「日本画キャラクター図鑑」

会期:4月20日(木曜日)~5月21日(日曜日)


小説、映画、マンガやアニメなどの登場人物を意味する「キャラクター」。

日本人は現代のみならず、いにしえより数多のキャラクターに親しみを抱き、繰り返し描いてきました。本展では人間から神さま、動物に至るまで、日本の古美術に登場する個性豊かなキャラクターたちを、彼らのプロフィールとともに、楽しくご紹介します。

特別展「スタジオジブリ・レイアウト展」と合わせてお楽しみください。


◆ 【展示室C】 「日本画レイアウト展」

会期:5月23日(火曜日)~6月18日(日曜日)


もののかたちを写しとったスケッチや、モチーフの配置を決めたまさに「レイアウト」と呼べるものなど、作品の完成へ至るまでには膨大な下絵が存在します。本展ではこれらをはじめとした日本画制作の「過程」に注目。作品制作に込められた画家たちの息遣いをご覧ください。


4 会期中のイベント

◆ 学芸員によるギャラリー・トーク

コレクション展の見どころを、展示作品を見ながら学芸員が解説します。

事前参加申し込み不要。


日時:毎週土曜日 14時00分から 30分程度


5 観覧料

一般 300(240)円  学生 200(160)円

※ ( )内は20名以上の団体料金。ただし、18歳以下と70歳以上及び高等学校、

中等教育学校、特別支援学校に在学する方等は無料。


6 開館時間

9時00分から17時00分(入館は16時30分まで)


◆ ゴールデンウィーク夜間特別開館

4月29日(土曜日)から5月6日(土曜日)は20時00分まで開館(入館は19時30分まで)


7 休館日

月曜日(ただし、5月1日、6月5日は開館)


8 お問い合わせ・連絡先

山口県立美術館

〒753-0089 山口市亀山町3-1

TEL 083-925-7788/FAX 083-925-7790   URL http://www.yma-web.jp/


 


お問い合わせ先

文化振興課
Tel:083-933-2627
Fax:083-933-4829
Mail:a19300@pref.yamaguchi.lg.jp