園児等によるアサリ間引き体験を実施!!

平成29年 (2017年) 5月 18日

1 趣旨

山口県漁業協同組合向島支所では、アサリ資源の回復を図るため、増殖場の造成に取り組んでいます。

今回、地元の重要な水産物であるアサリへの関心を高めてもらうため、小学校の生徒及び、保育園の園児、幼稚園の園児の、アサリの間引き作業体験を実施します。

※ 増殖場造成:アサリの放流場所及び天然稚貝発生場所に食害生物(クロダイ、エイ類等)から保護する被覆網の設置

※ 間引き作業:増殖場におけるアサリ生息密度を適正に保つ選別・移植作業


2 内容

(1) 日時

丸1 平成29年5月24日(水曜日) 13時から14時30分まで

丸2 平成29年5月25日(木曜日) 13時から14時まで

丸3 平成29年5月26日(金曜日) 13時20分から14時20分

(2) 場所

アサリ増殖場(防府市向島「錦橋の下」付近)

※ 地図参照

(3) 参加者

丸1 向島(むこうしま)小学校生徒21名、教員、保護者数名

向島保育園園児34名、職員、保護者数名

山口県漁業協同組合向島支所組合員数名

丸2 鞠生(まりふ)幼稚園園児63名、職員数名

山口県漁業協同組合向島支所組合員数名

丸3 きんこう保育園園児28名、職員数名

山口県漁業協同組合向島支所組合員数名

(4) 内容、スケジュール

丸1 13時から

生徒、園児移動開始

13時30分から

アサリ間引き体験

14時30分から

解散

丸2 13時から

園児移動開始

13時20分から

アサリ間引き体験

14時から

解散

丸3 13時20分から

園児移動開始

13時45分から

アサリ間引き体験

14時20分から

解散


* 荒天時は、間引き体験中止の判断を当日8時30分に行いますので、取材を希望される場合は、次の問い合わせ先までご確認ください。


3 問い合わせ先

山口県防府水産事務所 普及振興班 担当:河本(かわもと) 電話 0835-22-1506

山口県漁業協同組合向島支所   支所長:徳富(とくどみ) 電話 0835-22-5804


【参考】             - 実施場所 -



■ アサリの生産量及び向島地区のアサリ資源回復の取組について

 ・ 山口県瀬戸内海のアサリ生産量は、昭和58年の8,557トンをピークに、その後急激に減少を続け、平成16年には2トンまで減少していましたが、近年は11トンまで回復しています。

 ・ 向島地区では、平成20年度から具体的な資源回復の取組として増殖場の造成を行っており、被覆網による食害生物からの保護や、網中にアサリ種苗の放流、生息密度管理のための間引きや、網に付着した海藻の除去などの増殖場管理を行っています。

増殖場は年々拡大されており、現在では87面(18平米/面)の増殖場(約1,560平米)が造成されており、この取組によりアサリ資源の回復の兆しが見られるようになったため、平成23年度から、再生産にあまり寄与しない大きなアサリ(殻長4cm以上)を出荷しています。(昨年の出荷量は約1.5トン)

(参考:山口県のアサリ生産量の推移)


 


お問い合わせ先

防府水産事務所
Tel:0835-22-1506
Mail:a16405@pref.yamaguchi.lg.jp