「行動しよう 消費者の未来へ」
第39回「消費者月間」記念大会を開催します
平成29年度「消費者啓発の標語」入選作品も発表

平成29年 (2017年) 5月 17日

1 目的

5月は、消費者、事業者、行政が一体となって消費者問題に関する啓発・教育等の事業を集中的に行う「消費者月間」です。

山口県では、月間行事の一環として、「行動しよう 消費者の未来へ」(※)をテーマとした記念大会を開催します。

また、自分で考え行動する「自立した消費者」が主役となる社会の実現を目指し、消費生活の問題を考えるきっかけとして募集した「消費者啓発の標語」の入選者の表彰を行います。

※ 消費者庁が設定した平成29年度消費者月間統一テーマ


2 日時

平成29年5月26日(金曜日) 13時00分から16時00分


3 場所

ときわ湖水ホール

(山口県宇部市大字沖宇部254番地 TEL0836-51-7057)

※ 駐車場に限りがありますので、自家用車の場合は相乗りされるか、公共交通機関を御利用ください。


4 主催

山口県、宇部市、山口県地域消費者団体連絡協議会


5 日程

13時00分 開会式

13時20分 平成29年度「消費者啓発の標語」入選作品表彰式

13時45分 記念講演「笑って学ぼう~悪質商法撃退術~」

落語家 夢見亭わっぱ(ゆめみていわっぱ)氏

15時25分 発表 「今日からできる!!私たちの防災」

山口県消費者団体連絡協議会 倉橋 美江(くらはし はるえ) 氏

15時40分 発表「私たちが目指すこと!」

山口県地域消費者団体連絡協議会 林 佳都子(はやし かつこ)氏

15時55分 大会宣言

16時00分 閉会


6 参加者

どなたでも参加できます。(入場無料、事前の申込も不要です。また、手話通訳・要約筆記があります。)


7 平成29年度「消費者啓発の標語」入選作品

(1) 内訳

最優秀賞1点、優秀賞2点、佳作3点

入選作品・作者及び選定理由は別紙のとおり


(2) 応募状況

 ・ 応募人数 379人  ・応募総数 513編

 ・ 最年少者  10歳  ・最年長者 82歳


(3) 最優秀賞作品は、今年度消費生活センターの広報媒体等に掲載するとともに、各市町の広報誌への掲載や各種啓発資料等での活用を図ります。


「消費者月間」とは・・・

 ・ 消費者の利益を守り増進するため、昭和43年5月30日に「消費者保護基本法」(平成16年6月に「消費者基本法」と改称)が施行されました。

 ・ 昭和53年には、同法制定10周年を記念して、5月30日が「消費者の日」と定められ、さらに20周年を迎えた昭和63年から、毎年5月を「消費者月間」とすることが決定されました。

 ・ 「消費者月間」は、私たち一人ひとりが消費者の立場に立って、くらしを取り巻くさまざまな問題について、じっくり考え、行動するための機会です。



添付ファイル

平成29年度「消費者啓発の標語」入選作品.xls (Excel : 38KB)

 


お問い合わせ先

消費生活センター消費者政策班
Tel:083-933-2608
Fax:083-933-2629
Mail:a12100@pref.yamaguchi.lg.jp