長門市特産「日置すいか」の出荷に向けて「出荷目慣らし会」を開催

平成29年 (2017年) 6月 19日

1 概要

長門市日置地域の特産品である「日置すいか」の今年度の初出荷を目前に控え、日置すいか  生産出荷部会(大町一吉部会長、部会員8名+4法人)では、「出荷目慣らし会」を開催します。

「目慣らし会」では、消費者の皆様に甘くて食べ頃のスイカをお届けするため、部会員が持ち寄ったスイカの糖度と品質の検査を行い、この検査結果に基づき出荷の適否判定と出荷日の決定を行います。


2 実施主体

JA長門大津、日置すいか生産出荷部会


3 日時

平成29年6月23日(金曜日)午後1時30分から


4 場所

JA長門大津 日置野菜集出荷場(長門市日置上1632-1)


5 内容

 ・ 激励のことば

 ・ 部会長あいさつ

 ・ 目慣らし(糖度、品質検査、出荷基準の確認)


6 問い合わせ先

○ JA長門大津営農センター  担当 坂倉(さかくら)  TEL:(0837) 22-3170

○ 長門農林事務所農業部   担当 白石(しらいし)  TEL:(0837)37-5603


<参考>日置すいか生産出荷部会

 ・ 昭和54年に部会が発足し、共同販売を行っています。日置すいかは露地のトンネル栽培が中心で株をじっくり育て、着果量を抑え、大玉で甘みが強いのが特徴です。平成15年から、甘みが強くシャキシャキした食感の品種「祭ばやし777」を導入しています。

 ・ 平成19年3月に部会員全員がエコファーマーの認定を受け、化学肥料や農薬の使用を抑えた栽培技術により安全・安心なスイカを生産しています。

 ・ 栽培面積は約2.6haで、6月下旬から8月上旬まで、県内を中心に約10,000玉の出荷を見込んでおり、出荷のピークは7月上旬~中旬です。



添付ファイル

地図 日置野菜集出荷場.jpg (JPEG : 61KB)

 


お問い合わせ先

長門農林事務所
Tel:0837-37-5603
Fax:0837-37-5611
Mail:a17109@pref.yamaguchi.lg.jp