長門市小中学校栄養士が「ジビエ」研修会を開催

平成29年 (2017年) 8月 3日

1 件名

長門市小中学校栄養士が「ジビエ」研修会を開催!


2 目的

長門市は「ながと食の日(毎月19日)」を制定し、学校給食での地場産食材の積極的な利用を通じ、地域に根ざした地産・地消に取り組んでいます。

このたび、長門市小中学校栄養士が、地域食材として注目を浴びている「ジビエ」について、給食メニューへの活用を検討するため研修を行います。


3 実施主体

長門地域地産・地消推進委員会(会長:宗本(むねもと) 雅彦(まさひこ))

長門市小中学校栄養士会(会長:松原(まつばら) 由佳(ゆか))


4 日時

平成29年8月10日(木曜日)午後2時から午後3時30分まで


5 実施場所

里山ステーション俵山(長門市俵山4497番地)


6 内容

鹿肉・猪肉を活用した料理3品の調理実習・試食

講師;俵山(たわらやま)猪(いの)鹿(しか)工房(こうぼう)「想(そう)」代表 増野(ましの) 建(けん)治(じ)氏


7 問い合わせ先

山口県長門農林事務所企画振興室 担当:礒部(いそべ)、小橋口(こはしぐち) TEL:0837-37-5601


8 参考

(1) 【長門地域地産・地消推進委員会】

平成16年に長門市、JA長門大津、深川養鶏農協、県漁協長門統括支店、県西部森林組合、県長門農林事務所、県萩水産事務所で組織されました。生産者、流通・加工関係者、消費者が協働した「地産・地消」を通じて長門地域産の農林水産物の需要拡大を図るため、設置された団体です。


(2) 【長門市小中学校栄養士会】

長門市小中学校栄養士会は、長門市内の小中学校給食センターの栄養教諭及び学校栄養職員で構成され、会員の資質の向上を図り、学校給食の充実発展と児童・生徒の指導援助を行うとともに、広く食生活の向上に寄与することを目的にしています。


(3) 【俵山猪鹿工房「想」】

俵山地区の狩猟者の有志が、駆除した猪や鹿を地域食材としての「ジビエ」として活用することを目的に、平成27年度の長門市ながとのおいしさ応援補助金を活用し、食品衛生法に基づく猪・鹿肉の処理施設を設置しました。


「里山ステーション俵山」位置図


 


お問い合わせ先

長門農林事務所
Tel:0837-37-5601
Mail:a17109@pref.yamaguchi.lg.jp