防府市におけるアカカミアリの確認について

平成29年 (2017年) 8月 14日

1 概要

三田尻中関港周辺にある事業所敷地において、発見されたアリについて、8月12日に特定外来生物アカカミアリと確認されました。

なお、県内において、アカカミアリの生息が確認されたのは初めてです。


《アカカミアリ》原産地:アメリカ南部から中米

特徴:

体長は、約3mmから5mm、体色は赤褐色

沖縄県や硫黄島(東京都)などに定着

アルカロイド系の毒を持ち、刺されると痛みを生じるが、ヒアリに比べると毒は弱いといわれている。


2 確認された個体の発見場所

防府市の事業者倉庫内


3 経緯及び対応状況等

別添「環境省報道発表資料」参照


4 相談窓口

 ・ 各健康福祉センター、市町の環境衛生部局、県自然保護課


(参考) 県民への注意事項

(1) 毒を持っており、絶対に、触らないよう気をつけてください。

(2) 駆除するには、市販のアリ殺虫剤や殺虫液剤を用いるほか、熱湯をかける、ベイト剤(毒餌)を設置する方法があります。

(3) 刺された時は、安静にし、容体が急変した時は、速やかに病院(皮膚科等)を受診します。

(4) ヒアリやアカカミアリと思われる個体を発見した場合には、相談窓口にご連絡ください。



添付ファイル

環境省報道発表資料.pdf (PDF : 280KB)

 


お問い合わせ先

自然保護課
Tel:083-933-3050
Fax:083-933-3069
Mail:a15600@pref.yamaguchi.lg.jp