未利用水素の広域輸送による地域間連携モデル事業開始式(山口県下関市)について

平成29年 (2017年) 9月 11日

県では、瀬戸内海沿岸のコンビナートにおいて、全国トップクラスの大量かつ高純度の水素を精製するという強みを活かし、「水素利活用による産業振興と地域づくり」の取り組みを進めており、平成27年度から環境省より委託を受けた地域連携・低炭素水素技術実証事業を実施しているところです。

この度、下関市において実証用水素供給施設が完成したことに伴い、周南市から液化水素を輸送し、純水素燃料電池や燃料電池自動車等の水素利用機器の運用を行う「未利用水素の広域輸送による地域間連携モデル事業」の開始式が開催されることとなりましたので、別紙のとおりお知らせします。


【 概要 】

1 日時

平成29年9月15日(金曜日) 14時~ (1時間程度)


2 場所

下関市大和町一丁目4番8号(実証用水素供給施設敷地内)


3 主催

下関市


4 出席者

環境省顧問(前環境事務次官)、(株)トクヤマ、周南市長、山口県副知事ほか


5 式典内容

主催者挨拶、来賓挨拶、来賓紹介、祝文披露、事業説明、テープカット、水素充填パフォーマンス


※ 式典終了後、希望者を対象とした実証機器の見学会を開催予定


《お問い合わせ先》

下関市 環境部 環境政策課 担当:谷山(電話 083-252-7116)



添付ファイル

別紙:事業概要.pdf (PDF : 140KB)

イメージ図.pdf (PDF : 519KB)

 


お問い合わせ先

新産業振興課
Tel:083-933-3143
Fax:083-933-3159
Mail:a16900@pref.yamaguchi.lg.jp