特別展示「プリティー・プリント 江戸の花鳥版画」展
オープニングセレモニー

平成29年 (2017年) 9月 8日

1 件名

特別展示「プリティー♡プリント 江戸の花鳥版画」展

オープニングセレモニー


2 日時

平成29年9月15日(金曜日) 14時00分から14時30分


3 場所

山口県立萩美術館・浦上記念館 ロビー


4 主な出席者(予定)

(1) 主催者

 ・ 山口県知事  村岡(むらおか) 嗣政(つぐまさ)

 ・ 山口県立萩美術館・浦上記念館 名誉館長  浦上(うらがみ) 敏朗(としろう)

 ・ 山口県立萩美術館・浦上記念館 館長  岩本(いわもと) 龍治(りゅうじ)

 ・ 株式会社読売新聞西部本社 事業部長  浜田(はまだ) 昭彦(あきひこ)

 ・ 山口放送株式会社 取締役編成業務局長  髙村(たかむら) 長生(おさお)

(2) 来賓

 ・ 山口県議会議長代理 山口県議会議員  新谷(しんたに) 和彦(かずひこ)

 ・ 萩市長  藤道(ふじみち) 健二(けんじ)

 ・ 山口県議会議員  田中(たなか) 文夫(ふみお)

 ・ 中外産業株式会社 取締役社長  平尾(ひらお) 宰(おさむ)

 ・ 尚美学園大学 准教授  伊藤(いとう) 紫織(しおり)


5 展覧会の概要

(1) 概 要

本展では、浮世絵版画における花鳥画の展開をご紹介します。初期の素朴な作品から、鍬形(くわがた)蕙斎(けいさい)や喜多川(きたがわ)歌麿(うたまろ)などによる贅(ぜい)を尽くした俳諧摺物(はいかいすりもの)や狂歌絵本、天保期の歌川(うたがわ)広重(ひろしげ)や葛飾(かつしか)北斎(ほくさい)による一枚絵、明治期に西洋絵画に学んだ新しい表現を手がけた小林(こばやし)清親(きよちか)の作品などを展示します。併せて浮世絵以外のジャンルにおける花鳥版画も展示し、南蘋派(なんびんは)の流行、本草学や博物学の影響、生け花や園芸或いは飼鳥の流行といった文化の諸相についてもご覧いただきます。また、本展では江戸中期を代表する画家で、2016年に生誕300年を迎えた日本画家 伊藤若冲の作品も展示します。


(2) 会期

平成29年9月16日(土曜日)から平成29年10月22日(日曜日)

※ 休館日:10月2日(月曜日)、10月16日(月曜日)

※ 開館時間:9時00分から17時00分(入場は16時30分まで)


(3) 観覧料 一般 1,000(800)円、70歳以上の方・学生 800(600)円

※ (  )内は、前売りおよび20名以上の団体料金。ただし、18歳以下の方および高等学校、

中等教育学校、特別支援学校に在学する生徒は無料。

※ 身体障害者手帳、戦傷病者手帳、精神障害者手帳をご呈示の方とその介護者(1名)は無料


(4) 会期中の行事等

ア 記念講演会I 会場:本館1階講座室

定員84名:聴講無料・申込不要・当日先着受付順

開催日(曜日)、時間 演題及び講師

9月16日(土曜日)

13時30分から15時00分 演題「花鳥画から花鳥版画へ」

講師 伊藤 紫織 氏(尚美学園大学 准教授)


イ 記念講演会II 会場:本館1階講座室

定員84名:聴講無料・申込不要・当日先着受付順

開催日(曜日)、時間 演題及び講師

10月1日(日曜日)

13時30分から15時00分 演題「大名から庶民まで楽しんだ江戸の園芸」

講師 小笠原(おがさわら) 左衛門尉(さえもんのじょう)亮軒(りょうけん) 氏

(公益社団法人園芸文化協会 会長、一般財団法人雑花園文庫主人)


ウ ギャラリーツアー(担当学芸員による作品解説)

日時 9月17日(日曜日)・24日(日曜日)、10月1日(日曜日)・8日(日曜日)・15日(日曜日)・22日(日曜日)の11時00分から12時00分

会場 本館2階展示室  ※参加無料・要観覧券・申込不要


6 問い合わせ・連絡先

山口県立萩美術館・浦上記念館

〒758-0074 萩市平安古町586-1 TEL 0838-24-2400/FAX 0838-24-2401

URL http://www.hum.pref.yamaguchi.lg.jp/



添付ファイル

特別展示「プリティプリント 江戸の花鳥版画」展チラシ.pdf (PDF : 2.8MB)

 


お問い合わせ先

文化振興課
Tel:083-933-2627
Fax:083-933-4829
Mail:a19300@pref.yamaguchi.lg.jp