「山口県医師修学資金」の貸付対象者を追加募集します!

平成29年 (2017年) 9月 13日

1 趣旨

県では、医師の地域偏在や診療科偏在による医師不足を解消するため、将来、県内の公的医療機関等で医師として地域医療に従事しようとする医学生に対する「修学資金貸付制度」を設け、その修学を支援しています。

このたび、次のとおり特定診療科枠、外科枠、県外医学生支援枠の貸付対象者を追加募集します。


2 募集期間

平成29年9月14日 木曜日から平成29年10月27日 金曜日 (当日消印有効)


3 募集概要

貸付の種類特定診療科枠・外科枠県外医学生支援枠
募集人数2人程度2人程度
貸 付 額月額15万円月額12万円
対 象 者山口県内の公的医療機関等において、小児科、産婦人科、麻酔科、救急科、放射線治療科、病理診断科、呼吸器内科、外科の医師として勤務しようとする者であって、次の丸1丸4のいずれかを満たす者
丸1 山口大学医学部に在籍する学生
丸2 県内の高校等を卒業し、県外の大学の医学部に在籍する学生
丸3 県外の高校等を卒業し、県内に3年以上継続して在住する保護者を有する県外の大学の医学部に在籍する学生
丸4 高等学校卒業程度認定試験に合格し、県内に3年以上継続して在住する保護者を有する県外の大学の医学部に在籍する学生
山口県内の公的医療機関等において、医師として勤務しようとする者であって、次の丸1丸3のいずれかを満たす者
丸1 県内の高校等を卒業し、県外の大学の医学部に在籍する学生
丸2 県外の高校等を卒業し、県内に3年以上継続して在住する保護者を有する県外の大学の医学部に在籍する学生
丸3 高等学校卒業程度認定試験に合格し、県内に3年以上継続して在住する保護者を有する県外の大学の医学部に在籍する学生
貸付けの条件

返還免除の要件
貸付けに当たっては、次の条件が付され、これを達成した場合に貸付金の返還が免除されます。
○ 大学を卒業した日から2年以内に医師免許を取得し、臨床研修を行った後、貸付期間の2倍の期間に達するまでに、県が個別に指定する公的医療機関等において、貸付期間の1.5倍の期間、医師として勤務をしなければなりません。(特定診療科枠、外科枠では対象の診療科での勤務が必要)
○ 医師免許取得後の臨床研修は、山口県内の臨床研修病院で行わなければなりません。

※ 募集要項等は、県医療政策課ホームページからダウンロードが可能です。

〔URL〕 http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a11700/index/


 


お問い合わせ先

医療政策課医師確保対策班
Tel:083-933-2937
Fax:083-933-2829
Mail:a11700@pref.yamaguchi.lg.jp