下関市立向山(むかいやま)小学校で梨生産者が出前授業を行います!

平成29年 (2017年) 9月 14日

1 概要

豊田梨

児童の食への関心を高め、地場産農産物への理解を深める一環として、豊田梨共同出荷組合が、「梨のできるまで」と題して、生産者による出前授業を行います。


2 日時

平成29年9月20日(水曜日) 10時20分から11時20分まで


3 場所

下関市立向山小学校

下関市向山町14番1号(位置図参照)


4 主催等

(1) 主催:下関市立向山小学校、豊田梨共同出荷組合

(2) 後援:下関地域「地産・地消」推進協議会

(3) 協力:山口県下関農林事務所


5 対象

下関市立向山小学校3年生(50名)


6 内容

(1) 下関産農産物の紹介

(2) 生産者による「梨のできるまで」についてのお話

講師:豊田梨共同出荷組合 観光部長 一柳(ひとつやなぎ) 武知(たけとも)


7 問い合わせ先

豊田梨共同出荷組合         組合長:山田(やまだ)  TEL 083-766-1345

山口県下関農林事務所企画振興室 担当:田名後(たなご) TEL 083-767-0014


8 参考

(1) 豊田梨共同出荷組合

 ・ 組合員数20戸、栽培面積約18ha、8月上旬から10月中旬まで長期間、多様な品種(幸水(こうすい)、なつしずく、豊水(ほうすい)二十世紀(にじゅっせいき)、あきづき、新高(にいたか)など)を栽培しています。

 ・ 豊水は、「下関豊田の豊水(ほうすい)」として、味や品質に優れ、全国に誇れる「やまぐちブランド」に登録されています。

 ・ 出荷先は、下関、防府、山陽小野田の各市場の他、宅配便、直売所、道の駅等での直売・贈答も行っています。

 ・ 観光梨狩りは、8月26日(土曜日)から9月24日(日曜日)まで行われます。


(2) 下関地域「地産・地消」推進協議会

県域推進組織の「やまぐちの農林水産物需要拡大協議会」と連携して「地産・地消」を進める下関地域(下関市)の推進組織で、生産者団体、流通販売業者、行政等で構成されています。(平成16年5月設立)


(3) 位置図


向山小学校位置図


 


お問い合わせ先

下関農林事務所企画振興室
Tel:083-767-0014
Fax:083-766-2963
Mail:a17107@pref.yamaguchi.lg.jp