サイクリストのニーズに応える設備の宿泊施設への設置について

平成29年 (2017年) 10月 5日

今年度、「サイクル県やまぐち推進協議会」では、サイクリストの県内への宿泊を促進するため、県内を周遊するサイクリストのニーズに応える設備を有するモデル宿泊施設を創造していくこととしており、この度、下記のとおり、そのモデル宿泊施設が決定し、サイクリスト向け設備の施工が完了しましたのでお知らせします。

また、今週末の10月7日(土曜日)・8日(日曜日)には、山口市阿東地区において、国際規格マウンテンバイクレース「やまぐち十種ヶ峰国際ダウンヒル」などを開催します。

フィリピン、台湾などから海外選手が参加予定です。


1 モデル宿泊施設

○ ホテル西長門リゾート(下関市)

○ 湯本ハイランドホテルふじ(長門市)

○ 梅乃屋(山口市)


2 施設に設置した設備

○ 夜間保管用自転車ラック       ○調整スペース用パーテーション

○ 調整工具      ○空気入れ   ○調整作業用ラック  等

※ 各施設によって大きさ、種類は異なります。


3 モデル宿泊施設決定・施工までの経緯

モデル周遊ルートを設定し、ルート上の宿泊施設と協同して、サイクリストのニーズに応える  モデル宿泊施設の創造を提案するコーディネート業務を、5月から6月にかけて一般公募し、  自転車関係団体等で構成する審査会での審査を経て決定。この度施工が完了した。


以上


 


お問い合わせ先

スポーツ推進課
Tel:083-933-2435
Fax:083-933-2439
Mail:a11200@pref.yamaguchi.lg.jp