『まるごと!下松給食の日』を下松市内の全小中学校で実施します!
~知っちょる?レモンのヒミツ~

平成30年 (2018年) 1月 9日

1 趣旨

学校給食に下松市産の食材をできる限り使用することにより、郷土を愛する子どもたちを育てるとともに地産地消の推進を図ることを目的として、「まるごと!下松給食の日」を下松市内の全小中学校で実施します。


2 日時

平成30年1月17日(水曜日)・26日(金曜日) 給食時間(17日が小学校、26日が中学校)


3 場所

下松市内の全小中学校


4 内容

下松市の魅力をまるごと給食に込めて、今年度も、8回目となるこの取組を引き続き実施します。(給食時、市内の笠戸島(かさどじま)のレモンについて作成した動画を放送します)


≪給食の献立≫

下松市産の旬の農林水産物を主に使い、同市のキャッチフレーズ「星降るまち」をイメージしたもの。

① ごはん:米川(よねがわ)産コシヒカリ

② たこたこれんこん:県内産のたことれんこんを下松市来巻(くるまき)産にんにくを使った焼肉のたれで味付けしたもの

③ 降松(くだまつ)あえ:下松市産の野菜に笠戸島産レモンがほんのり香る和え物

④ 七星(ななほし)スープ:下松市産、山口県産の7つの食材を使ったスープ

⑤ 牛乳:山口県産


5 主催

下松市立小中学校の給食における地産地消推進協議会


6 取材先

(1) 場所

下松市立中村小学校 下松市清瀬町2丁目6番1号(寺本実春(てらもとみはる)校長)


(2) 日時

1月17日(水曜日)

11時50分から12時05分 レモン生産者からの講話

12時25分から12時50分 給食


【位置図】

下松市立中村小学校の位置図


7 問い合わせ先

① 下松市立中村小学校(TEL:0833-41-0081)

教頭:苫口(とまぐち)、栄養教諭:高橋(たかはし)


② 下松市教育委員会学校給食課 小学校給食センター(TEL:0833-48-9409)

担当:川久保(かわくぼ)


【参考】

(1) 下松市小、中学校の給食における地産地消推進協議会

下松市産食材を学校給食に活用することにより、教育の中で地域の農水産物等に対する理解を深めてもらうことを目的とする協議会。(会長:中村小学校 寺本(てらもと)校長)

下松市内の小学校・中学校の学校関係者、給食センター、下松市、JA周南、山口県周南農林事務所、山口県防府水産事務所などにより構成。


(2) 下松市内の小・中学校の給食

現在、下松市内には8校の小学校(下松・久保・公集・花岡・豊井・中村・米川・東陽)と3校の中学校(下松・久保・末武)があります。児童・生徒数は、約4,800名です。

小学校は下松市立小学校給食センター、中学校は下松市立中学校給食センターで調理し、各小中学校に配送しています。


 


お問い合わせ先

周南農林事務所
Tel:0834-33-6452
Mail:a17104@pref.yamaguchi.lg.jp