浮世絵普通展示「勝川春章とその一門」のご案内

平成30年 (2018年) 1月 30日

1 会期

平成30年(2018年)2月6日(火曜日)から3月11日(日曜日)

【開館時間】9時00分から17時00分(入場は16時30分まで)

【休館日】2月19日(月曜日)、2月26日(月曜日)

【観覧料】一般300円(240円) 学生200円(160円)

※ ( )内は20名以上の団体料金です。70歳以上の方と18歳以下の方は無料です。


2 場所

山口県立萩美術館・浦上記念館 本館 1階展示室


3 展示の概要

(1) 概要

勝川派は、明和末から文政期にかけて続いた流派です。一門の祖、勝川春章(かつかわしゅんしょう)(1726~1792)は、似顔という写実を基本とする役者の顔貌表現を完成し、役者大首絵の先駆的な作品を発表しました。春章に続いて、天明期には弟子の春好(しゅんこう)(1743~1812)、寛政期には春英(しゅんえい)(1762~1819)が活躍します。

今回は、勝川派がリードした役者絵や相撲絵のほか、鳥居清長(とりいきよなが)に追随した春潮(しゅんちょう)(生没年不詳)の美人画、春亭(しゅんてい)(1770~1820)の洋風風景画など、勝川派の活躍を紹介します。


【みどころ】

勝川派はあまり知られていませんが、一門の祖、春章が役者似顔の創始に関わって以降、役者絵の分野で人気を博し、浮世絵の歴史のなかで重要な役割を果たしました。当時の歌舞伎役者が描かれた作品を中心に、勝川派の浮世絵をお楽しみください。


(2) ギャラリー・トーク

【日時】 2月24日(土曜日) 11時00分から30分程度

※ 参加には観覧券が必要です。


4 問い合わせ・連絡先

山口県立萩美術館・浦上記念館

〒758-0074 萩市平安古町586-1

TEL 0838-24-2400

FAX 0838-24-2401

URL http://www.hum.pref.yamaguchi.lg.jp/



添付ファイル

浮世絵普通展示「勝川春章とその一門」の主な展示予定作品.pdf (PDF : 240KB)

 


お問い合わせ先

文化振興課
Tel:0838-24-2400
Mail:a19300@pref.yamaguchi.lg.jp