「第52回スーパーマーケット・トレードショー2018」への出展について

平成30年 (2018年) 2月 9日

1 趣旨

県では、県内中小企業等が行う農林水産物等の地域産業資源を活かした魅力ある商品の開発や販路開拓支援を積極的に推進しています。

こうした取組の一つとして、日本最大級の食の商談展示会である「第52回スーパーマーケット・トレードショー2018」に「山口県ブース」として、県内45事業者が出展します。


2 概要

(1) 日時:平成30年2月14日(水曜日)から2月16日(金曜日)

(2) 場所:幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬)

(3) 主催:一般社団法人新日本スーパーマーケット協会

(4) 山口県ブース((公財)やまぐち産業振興財団が出展企業を取りまとめ、出展を支援)

 ・ 出展企業数:45事業者

 ・ やまぐち6次産業化・農商工連携推進協議会、地域商社やまぐち株式会社が出展

 ・ やまぐちの地酒試飲コーナー設置(山口県酒造組合と連携した初の試み)


3 取材対応について

取材を行われる場合は、幕張メッセ 国際会議場2階 中会議室201号室にてプレス登録をお願いいたします。


4 問い合わせ先

(1) 参加事業者・商品に関すること

公益財団法人やまぐち産業振興財団 事業活動支援部(TEL:083-922-9926)

(2) 取組全般に関すること

山口県経営金融課 経営支援班(TEL:083-933-3180)

山口県ぶちうまやまぐち推進課 6次産業推進班(TEL:083-933-3556)


5 参考

○ スーパーマーケット・トレードショーとは

スーパーマーケットをはじめ、百貨店、ホテル、コンビニ、通販、商社等の食品流通業界を対象とした「プロ向け」専門商談展示会


○ 地域産業資源とは

各都道府県で指定し、地域の強みとなりうる農林水産物や鉱工業品、生産技術、観光資源


○ 6次産業化とは

農林漁業者による生産(1次)・加工(2次)・販売(3次)の一体化を通じて、農山漁村に由来する「地域資源」(農林水産物等)の付加価値を高め、地域内に雇用と所得を確保する取組


○ 農商工連携とは

中小企業者と農林漁業者とが有機的に連携し、それぞれの経営資源を有効に活用して、新商品や新サービスの開発、生産等を行い、需要の開拓を行う取組


○ やまぐち6次産業化・農商工連携推進協議会とは

県内の生産者団体や商工団体、金融・研究機関等で構成し、6次産業化や農商工連携を一体的に取組むための推進母体。県産農林水産物を活かした魅力ある新商品の開発・販売を支援し、本県の農林水産業、商工業の活性化を図る。

(平成26年7月17日設置、事務局は(公財)やまぐち農林振興公社)


 


お問い合わせ先

経営金融課
Tel:083-933-3180
Fax:083-933-3209
Mail:a16300@pref.yamaguchi.lg.jp