仙崎湾における貝毒の終息について

平成30年 (2018年) 2月 13日

1 内容

平成29年12月26日、仙崎湾(長門市)において、国の規制値を超える貝毒が発生したところですが、平成30年1月30日以降の検査において、3週連続で国の規制値を下回り、仙崎湾の二枚貝等の安全性が確認されました。

このため、本日をもって、仙崎湾の二枚貝及びイシガニの出荷自主規制等を解除しました。

なお、出荷自主規制期間中において、貝毒による中毒事例は発生していません。


2 貝毒検査結果

検査日貝毒検査結果
12月26日16.10MU/g
1月 9日2.53MU/g
1月16日4.96MU/g
1月30日2.16MU/g
2月 7日2.38MU/g
2月13日2.11MU/g

※ 国の規制値 : 4.0MU/g


3 今後の対応について

(1) 関係者に対して、仙崎湾の二枚貝及びイシガニに係る出荷自主規制等の解除について通知

(2) 長門市、関係漁協等を通じて、仙崎湾の二枚貝及びイシガニについて安全性が確認されたことを周知

(3) 引き続き、貝毒の発生状況についてモニタリングを実施


4 参考

○ 貝毒発生状況図


 


お問い合わせ先

水産振興課
Tel:083-933-3540
Fax:083-933-3559
Mail:a16500@pref.yamaguchi.lg.jp