燃料電池自動車を活用した外部給電の実施について

平成30年 (2018年) 4月 13日

県では、全国トップクラスの大量かつ高純度の水素を生成するという本県の強みを活かし、水素利活用による産業振興と地域づくりを進めており、水素利活用の機運醸成、燃料電池自動車(FCV)の普及啓発、水素エネルギーの多様な活用方法のPR等を図るため、このたび、FCVで発電した電気を他の電化製品等に供給可能とする「可搬型の外部給電器」を導入しました。

今後、庁内外の様々なイベント等の会場において、県公用車「トヨタ・MIRAI」と当該外部給電器を活用した「FCVによる給電デモ」を実施します。


1 概要

■ 展示物

MIRAI(県公用車)、外部給電器、紹介パネル

  


≪外部給電器詳細≫

【製品】本田技研工業㈱製「POWER EXPORTER 9000」

【能力等(カタログ上)】

定格出力 : 9kVA

全長×全幅×全高、重量 : 755×387×438mm、50.8kg(MIRAIのトランクに収納可能)

出力端子 : 100V×6口、200V×1口

その他 : キャスター付き可搬型


■ 想定利用方法

イベント会場におけるモニター、ライト、音響等に電気を供給。


2 初回実施予定


■ 庁内イベント

【イベント名称】平成30年度「こいのぼり掲揚式」「児童福祉月間標語及び絵画最優秀賞表彰」

【所管課】こども政策課

【日 時】30年4月20日(金曜日)10時15分から11時まで

【場 所】県庁前庭

【外部給電の使用内容(予定)】音響機材


■ 庁外イベント

【イベント名称】第11回「やまぐちバス博」

【所管課】交通政策課

【日 時】30年4月22日(日曜日)10時から16時まで

【場 所】ゆめタウン長府・第4駐車場(下関市ゆめタウン1-1)

【外部給電の使用内容(予定)】他の出展ブースのモニター、パソコン 等


※ 随時、庁内外のイベントにおいて活用予定。


≪取材について≫

イベント当日は、イベント所管課担当者の他に、新産業振興課担当者も同席しています。イベントの取材に併せて、FCVの給電デモに関する御質問等もお受けいたします。

ただし、雨天の場合はイベントの実施の有無に関わらず、当該給電デモを中止する可能性があります。


 


お問い合わせ先

新産業振興課
Tel:083-933-3143
Fax:083-933-3159
Mail:a16900@pref.yamaguchi.lg.jp