平成30年度山口県瀬戸内海環境保全協会会長表彰について

平成30年 (2018年) 5月 8日

1 目的

本県瀬戸内海関係地域において、瀬戸内海の環境の保全・再生のために特に顕著な功績があった者に対して、その功績をたたえるため表彰を行う。


2 主催

山口県瀬戸内海環境保全協会


3 受賞団体(4団体)

山口県釣り団体協議会(周南市)

秋穂二島地区連合自治会(山口市)

二島地区サタデープラン推進協議会(山口市)

王司干潟改良グループ(下関市)

※ 各団体の功績等は下表のとおり


4 表彰式

【日時】平成30年5月18日(金曜日) 午後1時から午後1時20分

【場所】山口県総合保健会館第1研修室 (山口市吉敷下東三丁目1番1号)

※ 山口県瀬戸内海環境保全協会通常総会において表彰


5 その他

当協会長表彰は、昭和59年度から始まり、平成29年度までに96団体、21個人が受賞している。


<参考:山口県瀬戸内海環境保全協会>

【目 的】瀬戸内海の環境保全に努め、住み良い生活環境の確保に資するため、「身近な環境をきれいにする運動」として、思想の普及や意識の高揚等を図る。

【設 立】昭和56年2月

【会員数】100(県・市町・関係団体・企業)

【会 長】森友 信(まこと)(山口県漁業協同組合代表理事組合長)


山口県瀬戸内海環境保全協会会長表彰に係る功績調書
名    称山口県釣り団体協議会秋穂二島地区連合自治会二島地区サタデープラン推進協議会王司干潟改良グループ
所 在 地周南市山口市山口市下関市
代表者氏名岡村晴義野島義正小川泰一矢儀伸治
発足年月日昭和46年平成12年平成14年平成25年
活動の概要○長年にわたり、釣り場の環境保全活動はもとより、公共海岸や海浜の清掃活動も実施○毎年、「ビューティー美濃ヶ浜」と銘打ち、地元の幼稚園、小学校、中学校の児童や障害者支援施設等と連携・協働した海岸清掃活動を定期的(年4回)に実施○地区住民の協力の下、「ふたじまエビ・魚つかみ取りチャンピオンシップなど、あらゆる機会を通じて児童・生徒が水産資源に触れ合う機会を創出○アサリ等二枚貝の定着及び成長の促進に資するため、王司干潟の耕うんを始め、ツメタガイ類及びその卵塊の除去や稚貝等の沈着促進を目的とした竹立て及び母貝団地を設置
特記事項等(表彰歴等)平成27年度県民活動きらめき賞特になし特になし特になし

 


お問い合わせ先

環境政策課
Tel:083-933-3038
Fax:083-933-3049
Mail:a15500@pref.yamaguchi.lg.jp