今年もやります!「レンタカウ」

平成30年 (2018年) 5月 11日

1 目的

本県では、牛の省力管理などを目的に、牛の放牧を行う山口型放牧※の取組を推進しており、集落営農法人等からの放牧牛の需要が高まっています。

こうした中、農林総合技術センター畜産技術部では、放牧を希望するものの牛を用意できない方のために、当部の和牛(繁殖雌牛)を貸し出す「レンタカウ」制度を設けており、今年度最初の貸出しを行います。


2 日時

平成30年5月18日(金曜日) 午前11時から

(取材にあたっては、事前にご連絡願います。)


3 場所

周南市鹿野上の水田 約50a(※位置図参照)


4 主催

山口県農林総合技術センター畜産技術部

山口県周南農林水産事務所畜産部


5 内容

和牛(繁殖雌牛)2頭を貸出し、省力管理や耕作放棄地の解消のために放牧を開始します。


6 問合せ先

山口県農林総合技術センター畜産技術部 放牧環境研究室(担当:古澤)

TEL:0837-52-0258 FAX:0837-52-4832

山口県周南農林水産事務所畜産部 畜産振興課(担当:宮崎)

TEL:0820-22-2416 FAX:0820-22-2453

【参考】

※ 山口型放牧

和牛を電気牧柵等で囲んだ水田や耕作放棄地に放牧することを言います。

和牛の省力管理はもとより、耕作放棄地の解消、鳥獣被害の軽減、農地の省力的管理等の効果があります。


【位置図】

レンタカウ放牧場への経路


 


お問い合わせ先

農林総合技術センター畜産技術部
Tel:0837-52-0258
Fax:0837-52-4832
Mail:a17606@pref.yamaguchi.lg.jp

周南農林水産事務所畜産部
Tel:0820-22-2416
Fax:0820-22-2453
Mail:a171043@pref.yamaguchi.lg.jp